コロナウイルスによる調査への影響

 

調査を依頼したいけどコロナが流行っているし相談に行きにくいという方へ。

対面での面談だけでなく、電話、メールで契約内容をご確認頂いて調査を行う事も可能です。

是非お問い合わせ下さい。

 

 

コロナウイルスの感染拡大により、対象者の行動にも変化があります。

テレワークなどにより、対象者が出勤していなかったり、不定期で出勤したりしている方も多いです。

今は不倫相手に会わないのではないか?

と思われる依頼者様も多いですが、逆に対象者は動きやすい状況であるという見方も出来ます。

 

仕事が基本休み、でもこの日は出勤だからと言ってしまえば浮気相手には会う事ができます。

 

ウイルスが流行っているこの状況でさすがにそんな事しないだろう、と思われる依頼者様も多いのですが、

 

当事務所の考えとしては、

対象者は会える状況ならいつでも浮気相手に会いに行くと思います。

 

そもそも不倫している人というのは「結婚しているのに特定の異性と親密にする」という不貞行為を自粛できていない人達です。

「コロナが流行っているから今は自粛しよう」という思考回路は持ち合わせていないのではないかと思います。

本来やらない方がいい事、やっちゃいけない事、踏み越えては行けないラインというのは常識的な方なら誰もが持っていると思いますが、

重度の浮気思考の方はそういった考え方はしません。

 

隙あらば不倫相手に会いに行こうとしているので、タイミングを見て調査を行えれば依頼者様の目的達成にも近づけるのではと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL