浮気の自白の引き出し方

浮気の自白の引き出し方

 

不貞の証拠として使えるのは浮気現場の写真だけではなく、「浮気の自白」も有効なものとなります。

 

ただ浮気現場の写真よりも少し使い方が難しく、2つ注意点があります。

1つは明確な証拠がない状態で配偶者の口から浮気の自白を引き出せたとしても、

浮気相手の方に対する証拠としては薄いという事。

もし浮気相手の方が浮気を否認した場合、慰謝料を請求するのは難しくなります。

もう1つはある程度の情報を掴んでおかないと自白を引き出すのが難しいという事です。

何も情報がない状態でただ問い詰めても逆切れされるか、しらを切られるかです。

 

当探偵事務所としては、

・調査により浮気の証拠が撮れたが浮気相手の素性調査が難航した場合、

・もしくは浮気相手の素性は判明したが、何度調査しても浮気の証拠と言える程の動きがない場合。

この2つのどちらかに当てはまった場合、今ある材料を使って自白を引き出すという提案をさせて頂く場合があります。

依頼者様のご予算と調査費用の釣り合いが取れなくなる可能性がある為です。

もちろん大前提として、調査だけで証拠、浮気相手の素性調査まで終える事が通常ではあるのですが。

 

例えば現在別居状態で、

浮気相手と一緒に住んでしまっている場合、浮気の証拠自体は撮れるのですが、浮気相手の住所、氏名の判明が難航する場合があります。

その他の例だと、

浮気相手と接触はするがいつもホテルに行かずに分かれてしまう。

その場合は浮気の証拠自体は弱いですが、女性の素性調査はすぐに判明したりします。

 

調査自体は継続可能、でもこれからどのくらい費用がかかるか見通しが立てられない場合、配偶者との話し合いで自白を引き出すというのも選択肢の1つとしては有効なものとなります。

 

自白を引き出す場合、基本的に配偶者との話し合いになります。

ここで一番重要なのは、「最初の話し合いで録音する事」です。

裁判でも使える証拠としては話し合いの音声など、「客観的に見て確実に本人の口から自白している」という事が明らかである必要があります。

 

なぜ最初の話し合いなのかというと理由としては、

本格的な話し合いをすると相手の方も浮気についてよく調べたりします。

どうすれば慰謝料を請求されずに済むのか、自分が優位に立つ事ができるのか、色々なツールを駆使して調べます。

そうなると2回目以降の話し合いからは一転して浮気を否認したり、黙り込んだりする事がよくあるからです。

 

次に自白のさせ方、それとどんな情報を聞き出せればいいのか。

主に

・浮気した事を客観的に見て認めている言動

・浮気相手の素性に繋がる情報

この2つです。

 

不貞の証拠が弱いが浮気相手の素性が判明している場合。

この場合は配偶者の口から「浮気を認める言動」が引き出せればいいという事になります。

今ある浮気現場の写真、それと浮気相手の情報を使って揺さぶりをかけ、自白を引き出します。

 

不貞の証拠はあるが、浮気相手についての素性が分からない場合。

この場合は「相手に繋がる情報」を狙う事になります。

浮気相手の氏名、住所などの情報を引き出せれば一番良いのですが、そこまで踏み込んだ情報は喋らない事が多いです。

話し合いの中で違和感なく引き出せる情報としては、浮気相手の携帯電話番号です。

電話でいいから相手と話をしたい、というのは自然な要求だと思います。

電話番号が分かれば弁護士が契約情報を調べる事ができます。

その他だと同じ会社の人なのかというのもある程度聞き出しやすい情報になります。

 

もちろん、調査で証拠、相手の素性まで調べられる事がほとんどです。

このような作戦を取ることは稀なのですが、調査費用と依頼者様のご予算次第ではこのようなやり方も有効な手段となります。

慰謝料請求 反論

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL