浮気調査事例 東京都国立市

浮気調査事例 東京都国立市

 

国立市で女性の方からのご相談でした。

夫(対象者)に浮気の疑いがあるとの事。

浮気を疑った理由

ある日、依頼者様は対象者の行動に違和感を感じ、

たまたま対象者がラインの画面を開きっぱなしにして寝落ちしており、画面を確認した所、女性とのやり取りを確認したとの事です。

相手女性は既婚者であり、旦那にバレないように注意して動いている様子もやり取りから伺えたそうです。

どうやら2人きりで飲みに行ったらしく、不貞行為があるかどうか確かめたいとのご相談でした。

依頼者様のご希望

浮気調査を行い、もし不貞行為があったら対象者に問い詰め、別れさせたい。

もし問い詰めた時に開き直るようなら、慰謝料を取って離婚したい。

とのご希望でした。

慰謝料請求も視野に入れるとなると、不貞の証拠の撮影、それと相手女性の氏名、住所が必要、勤務先と家族構成が分かれば更に交渉しやすくなります。

対象者の行動パターン

この女性と接触するのは月に一回あるかないか。

飲みに行く日は当日に言ってくるし、曜日は読めない。

相手女性の旦那の行動次第で当日ドタキャンもあり得る。

こうなると、調査日を1ヶ月ほど事前に確保して頂く必要があり、それでも調査が成功するかどうかは運という状況でした。

この状況で調査しても、いくら当探偵事務所が比較的安く調査を行なっているとはいえ、1ヶ月も丸々日程確保すると費用は100万円を超えてしまいます。

しかもそれで成功する保証は無い。

正直、費用対効果が悪過ぎるので、この段階で調査するのは辞めておいた方が良いとアドバイスさせて頂きました。

調査は一旦保留。

が、数ヶ月後に再度ご連絡がありました。

調査の作戦

再度、依頼者様からご連絡があり、対象者の携帯を毎晩チェック出来るようになったとの事でした。

また携帯を開きっぱなしで寝ていたので、依頼者様の指紋を登録し、いつでも開けられるように細工をしたとの事です。

毎晩やり取りをチェックしていると、相手女性と会おうとしている様子、日付もある程度具体的だったので、調査の目処を立てる事が出来ました。

接触しようとしている日を日程確保して頂き、追跡調査を行いました。

調査結果

1日の調査で不貞の証拠、相手女性の住所まで判明しました。

国立市の対象者の勤務先から追跡調査を行い、都心まで移動して女性と合流、食事した後、ラブホテルに入りました。

その後、出てくる所も撮影し、別れた後は女性を追跡。

自宅まで判明させました。

あとは後日、郵便物確認を行い、女性の氏名まで判明。

相手女性は既婚者である事が既に分かっているので、ひとまず勤務先までは必要ないと判断し、対象者、相手女性との交渉に移りました。

調査後

依頼者様は対象者、相手女性と話し合いをしたとの事です。

ここで依頼者様が取れる選択肢としては、

・離婚せず、相手と別れるよう要求。

・離婚せずに相手女性に慰謝料請求。

・離婚前提で双方から慰謝料を合計で2、3百万円請求。

・離婚前提で慰謝料請求しつつ、相手女性の旦那にも今回の不貞をバラす。

相手女性も既婚者だったので、依頼者様がその気になれば相手の旦那にも慰謝料を払わなければならない状況に追い詰める事も出来ます。

そうなると、本人達が払わなければならない慰謝料は合計で4〜6百万円になります。

が、流石にそんな事をしても依頼者様にメリットはないので、

その気になればそんな事も出来ると相手に分からせつつ、今後どうするかの話し合いを進めたそうです。

対象者が開き直るようなら離婚も視野に入れていたそうですが、話し合いで証拠を出した所、対象者は土下座して謝罪。

相手女性に慰謝料請求するのも辞めて欲しいと泣きついてきたそうです。

その場で相手女性に電話をかけさせ、電話を代わって話した所、相手側も平謝り、関係を断ち切る事を約束したそうです。

依頼者様としても今回の事で費用はかけていますし、今後もし関係修復に失敗し、離婚になった時の事を考えると0で終わらせるのもどうかという話をして、

結果的に、今後もし離婚になったら不貞の慰謝料300万円を支払う。

不貞行為の3年の時効も無効化するという内容で誓約書を取り交わし、ひとまず手打ちにしたそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL