慰謝料請求のアドバイスをさせて頂いていた件がひと段落つきそうです。

この件は当社で調査はしておりません。

依頼者様が独自に旦那様と不倫相手とのホテルでの行為中の動画を入手し、それを使って交渉しました。

弁護士をご紹介、交渉についてなどのアドバイスをさせて頂きました。

離婚無し、不倫相手への慰謝料請求だったので、40万円で決着しそうです。

接触禁止の約束と、求償権の放棄も条件に入っています。

途中、不倫相手女性による無視、弁護士からの連絡など抵抗もありましたが、纏まりそうです。

初めは弁護士から自宅に内容証明を送ったのですが、それは無視されました。

次に職場に内容証明を送ったところ連絡がありましたが、暴言を吐いてくる始末でした。

弁護士の方からしつこく職場の方に電話したところ、職場の顧問弁護士を通じて連絡を取ってきました。

今回の証拠はあまりに露骨過ぎたので、初めはオブラートに包んでやり取りしていたのですが、相手弁護士からの証拠の開示要求があり、

やむを得ず行為中の動画を相手弁護士に送りました。

行為中の動画を自分の会社の顧問弁護士、その他事務員にも見られてしまったようです。

相手としてもここまでの事態になるとは思っていなかったようです。

更に、旦那様が関係修復したいということで全面的に協力する姿勢を取ってくれて、不貞行為の日時や場所なども詳細に提示することが出来ました。

相手としても逃げられないと悟ったようで、慰謝料40万円の合意となりそうです。