慰謝料請求が上手くいった一例

今回は浮気調査により、慰謝料請求が”大成功”した一例をご紹介します。

※離婚などが絡む話なので、慰謝料が取れた=成功と言い切ってしまうと語弊が出てきてしまいますが、今回は慰謝料請求に焦点を当てた成功例を記載します。

 

つい最近の依頼者様のお話ですが、旦那様が不倫し、慰謝料500万円で離婚するという決着を迎えました。

相場からするとかなりの高額です。

本来慰謝料の相場としては200万円くらい、どんなに高く見積もっても300万円くらいが一般的です。

今回500万円の慰謝料で決着できたのは、いくつか要因があります。

 

1つは旦那様が複数名の女性と関係を持っていた事です。

SNSなどを利用して複数の女性と不倫関係にありました。

慰謝料を請求できる対象が通常よりも多かった事も、慰謝料が高額になる要因の1つとなりました。

 

2つ目は、相手女性も既婚者だった事です。

ここが一番大きな要因だったかと思います。

相手女性の名前と住所調査も行いました。

不倫相手も既婚者の場合、もしそちら側の配偶者にも不倫の事実が伝わった場合、そちらにも慰謝料を払う必要が出てきます。

そういった相手側の弱点を把握する事により、有利に慰謝料交渉を進める事が可能になります。

 

実際の交渉

慰謝料交渉に進む際に、まずは考えをまとめておく必要があります。

離婚するかしないか、話し合い次第で決めるのか、

それと交渉するにあたって使える材料を把握しておく必要があります。

 

今回の依頼者様は、離婚する事はすでに心に決めていらっしゃいました。

では、なるべく高額な慰謝料を引き出す為にはどのように進めるべきなのか?

まず弁護士を用意するかしないかですが、今回のように交渉材料が豊富にある場合、まずは弁護士を用意せずに話し合いを進める事をお勧めしています。

弁護士を用意せずに話し合いを終える事のメリットとしては、当たり前のお話ではありますが、「弁護士費用がかからない」という事です。

仮に300万円の慰謝料請求を弁護士に頼んだ場合、慰謝料回収時点で弁護士費用がざっくりと約70万円前後かかります。※弁護士により報酬形態は違います。

出来る事なら弁護士に頼まずに交渉を終えた方が手元に残る金額は大きくなります。

 

次に考えるべき点としては、交渉材料についてです。

今回のケースでいうと、旦那様は女性3名、全員既婚者と不倫関係にありました。

もっといた可能性はありますが、証拠が撮れたのは3人、依頼者様としても3人分の証拠で充分とのことだったので、そこで調査終了しました。

もしその三人の女性の家庭を巻き込んで争った場合、旦那様のそれぞれの家庭に対して慰謝料を支払わなくてはいけなくなり、奥様に対しての200前後の慰謝料という問題では済まなくなります。

仮に全員巻き込んで争ったら単純計算で800万円くらいの話になってもおかしくありません。

この事について旦那様にきちんと把握させる事が出きれば、弁護士を使わずに相場よりも高額な慰謝料で決着をつける事は可能です。

 

相手女性の家庭を巻き込まない事を条件に、その代わり依頼者様に対して相場よりも高額な慰謝料である500万円を支払うという事で決着させる事ができました。

 

まとめ

このケースのように、交渉材料が多ければ良い条件で離婚する事が可能な場合があります。

色々と判断は必要になりますが、そのあたりも当社の方でサポート可能ですので、ご相談頂ければ幸いです。

 

 

トップページへ