不倫の証拠撮影後

浮気調査を依頼される方の希望は大別して2つに分類されます。

不倫を辞めさせるか、もしくは離婚するかです。
相手との交渉はやり方を間違えると法に触れる可能性がある為、弁護士に依頼する事をお勧めしています。
着手金の安い弁護士を無料でご紹介可能です。

不倫を辞めさせる事が目的の場合
不倫相手に慰謝料を請求し、今後の接触禁止条項を記載した和解書を取り交す流れになります。
もしくは慰謝料を請求せず、和解書で次に正当な理由なく接触した場合は慰謝料を請求すると約束して縁を切らせる方法があります。

離婚して慰謝料請求が目的の場合
弁護士を用意し、配偶者と不倫相手との慰謝料交渉に入ります。
まずは別居後、内容証明を送って示談を進めます。
示談での交渉が難しい場合、裁判となります。
裁判で判決が出れば財産の差押え、給料の差押えなどの強制措置が可能になります。