浮気調査中のよくある失敗パターン・調査中の注意事項

浮気調査を失敗しない為に

調査を進めている時、特に気をつけて頂きたい事は『調査対象者を警戒させない事』です。

対象者が警戒心を抱く事により、調査の難易度は上がってしまいます。

探偵側が細心の注意を払って調査するのはもちろんの事、依頼者様にも対象者を警戒させないようにご協力頂く必要があります。

主に、依頼者様が原因となって対象者が警戒するよくあるパターンとしては主に4つです。

 

①調査でしか知り得ない情報を対象者に伝えてしまう。

②契約書、名刺などが見つかる。

③調査の連絡の宛先間違え

④依頼者様自ら調査、もしくは行き過ぎた情報集めを行ってしまう。

よくある失敗パターン① 浮気調査でしか知りえない情報を対象者に伝てしまう

調査では今まで知り得なかった情報が得られます。

調査が進むにつれ、裁判や話し合いにおいて非常に有利になる情報、証拠がどんどん揃っていきます。

しかし、必要な情報が揃いきる前に対象者が警戒して調査の進行が難しくなってしまった場合、本来は知り得た情報が得られなくなってしまう事も考えられます。

依頼者様には調査が終了するまで、調査で知り得た情報を外部に漏らさないよう、細心の注意を払って頂くようにお願いしております。

よくある失敗パターン② 契約書、名刺などが見つかる。

契約の事実が分かるような書面、名刺など、細心の注意を払って保管して頂くようにお願いしております。

契約書や名刺などが対象者に見つかってしまうと、調査の継続が困難なレベルに警戒します。

 

よくある失敗パターン③ 調査の連絡の宛先間違え

依頼者様が本来、調査員に送るはずだったメッセージを間違って対象者に送ってしまうという事が稀に発生してします。

宛先間違えにご注意をお願いしております。

 

よくある失敗パターン④ 依頼者様自ら調査、もしくは度が過ぎた情報集めを行ってしまう。

調査は対象者の情報が多ければ多いほど成功率は上がりますが、対象者が警戒してしまっては元も子もありません。

例として、

・依頼者様自ら対象者を尾行する。

・友人に尾行を頼む。

・対象者の鞄にGPSを仕込む。

・調査当日、対象者の服装を撮影する。

これらは非常にリスクの高い行為です。

あくまで情報集めは対象者が警戒しない範囲で、実行する際にはなるべく事前にご相談頂くようお願いしております。

 

トップページへ

 

浮気調査の失敗パターン 03-6367-2616 

浮気調査の失敗パターン 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL