不倫・慰謝料額は何を基準に決められるのか?

不倫の慰謝料は状況により増減します。
主に下記の要因で慰謝料額が増減される場合があります。

・不倫が原因で夫婦が離婚および別居したか?
不倫が原因で配偶者と離婚 慰謝料額 高
不倫が原因で配偶者と別居 慰謝料額 中
離婚しない場合      慰謝料額 低

・不倫発覚前の状況
夫婦仲が円満だった場合             慰謝料額 高
既に夫婦仲が悪かった、もしくは別居していた場合 慰謝料額 低

・不倫していた期間
長い 慰謝料額 高
短い 慰謝料額 低

・子供の有無
子供がいる場合  慰謝料額 高
子供がいない場合 慰謝料額 低

・婚姻期間の長さ
長い 慰謝料額 高
短い 慰謝料額 低

主に上記項目により、慰謝料金額が増減しますが、その他の状況により慰謝料額が更に増える事もあります。
裁判よりも示談で済ませる方が慰謝料が高額になる見込みが強いです。
示談で合意を得やすい場合として以下のような場合があります。

・勤務先が優良、もしくは勤続年数が長い場合
裁判になり判決が出た場合、給与差し押さえなどの可能性が出てきます。
差し押さえになると会社で懲戒になる可能性もあり、それを避ける為に示談に応じる可能性が高いです。

・不倫相手側に不倫の事実がばれたくない家族がいる場合(配偶者や子供など)
こちらもまずは不倫相手側の家族にばれないように進めます。
裁判に発展すると家族にばれる危険性が非常に高い為、示談に応じる可能性が高いです。

 

トップページへ

 

事務所概要 フリーランス探偵事務所