探偵に浮気調査を依頼する意義について

探偵に浮気調査を依頼して不貞の証拠映像の撮影に成功した場合、夫婦間の話し合い、慰謝料請求、離婚交渉などあらゆる面で非常に有利に進められるようになります。

不倫による慰謝料請求をする為には不貞の証拠が必要になります。

一般の方が自分で集められる範囲の証拠には限界があり、慰謝料を請求出来る程の証拠としては不倫現場の撮影をする必要があります。

慰謝料の相場としては

離婚しない場合 30万円~50万円

別居に至った場合 100万円~200万円

離婚した場合 200万円~300万円

程です。

私の考えとしては、浮気調査費用は30万円以下に抑えるべきであると考えています。

離婚しない場合の慰謝料見込み額の最低金額です。

浮気調査費用を30万円以下に抑えられれば慰謝料で回収することが可能ですし、その程度であれば調査費用を慰謝料に上乗せして相手に請求する事も出来ます。

私の場合、不貞の証拠撮影までにかかる平均総額費用は約15万円程です。

多くの場合、依頼者の方には最終的にプラスになって頂けています。

私程の料金設定であれば慰謝料への上乗せも可能です。

裁判所に認められた実績もあります。

しかし、現状ほとんどの探偵社の浮気調査費用は、依頼した段階で50万円を上回るようです。

これでは慰謝料見込額よりも調査費用の方が高くなってしまい、浮気調査を依頼する意味はありません。

費用も高額すぎて慰謝料への上乗せは認められない事が多いようです。

調査費用は裁判所に適正な価格であると認められれば慰謝料に上乗せして請求する事が可能なのですが、大抵の探偵社は高額すぎて上乗せは認められていません。

意味のある浮気調査をする為には裁判所に認められる適正価格以内で調査を成功させる必要があります。

 

トップページへ

 

事務所概要 フリーランス探偵事務所