探偵の浮気調査事例 藤沢市

浮気調査事例 藤沢市での夫の調査

藤沢市での夫(対象者)の浮気調査のご依頼でした。

帰りが遅い日が多く、金曜から土曜にかけては宿泊してくるので不倫をしているのではないかとの依頼者の予測、

ラブホテルを利用するほど金銭的に余裕はなさそうとの事で、不貞があるとしたら恐らく藤沢市内の相手女性の家に行っているのではないかとのお話でした。

対象者は出会い系アプリをよく利用していたのですが、家でガラスに反射して見えていたとの事で、その関係で不倫を始めたのではないかとの事でした。

まだ証拠が撮れた後のことまでは考えていらっしゃらないようで、まずは話し合いをして離婚するか否か決めたいとのご希望で、当探偵事務所による不貞の証拠を集める為の浮気調査を開始しました。

調査の作戦として

対象者は車通勤、そして車両整備関係の仕事をしていました。

車両関係の仕事をしている人物の特徴として、車での尾行に気付きやすい、という点があります。

その為、GPSを車両に取り付けて調査を行う事にしました。

※配偶者の車両は夫婦の共有財産と見なされるので、GPSを付けても違法ではありません。

車両整備も出来るので、GPSを取り付ける場所にも気をつける必要がありましたが、幸いな事に取り付けやすいタイプの車両を使っていた為、見つからない場所に付ける事が出来ました。

1週間ほどGPSで行動をある程度把握した後、当探偵事務所は本格的な調査に移る事になりました。

調査で判明した事

まずは1週間、GPSで様子を見る事になりましたので、深夜にGPSを取り付けました。

その後1週間、位置情報の確認をした結果、平日夜、残業以外の日は毎日藤沢市内の特定の場所に一定時間停車している事が判明しました。

止まっている時間に駐車位置を確認した所、コインパーキングで、そこに駐車してどこに行っているのか判明させる事が調査の第一段階になりました。

ここから当探偵事務所の本格的な浮気調査に入りました。

対象者が仕事を終える頃の時間から、いつも停まっているコインパーキングで待機し、対象者の動きに備えました。

狙い通り対象者が同コインパーキングに現れ、そこから徒歩で移動を開始しました。

結果、アパートの一室に入室しました。

本人が入室する前から同部屋は点灯していた為、誰かと過ごしているのは確実です。

同日は深夜、対象者が単身で帰宅した為、同居人の確認までには至りませんでした。

1日目の成果としては、不貞の相手と思われる人物の住居の特定、対象者の出入り、滞在の証拠まで完了しました。

対象者の出入りは撮れましたが、他の人物の姿は確認できておらず、あくまで明確な証拠が取れた際に効力を発揮する程度の証拠です。

改めて、宿泊してくる金曜、土曜の調査をするという方針になりました。

浮気調査の結果は

さて、金曜から土曜にかけての調査となった訳ですが、金曜夜は相変わらず対象者が一人で部屋に入っていくのみだったので、翌朝誰と一緒に出てくるかを監視、撮影する事となりました。

結果として、翌朝に女性と共にアパートから出てきた後、対象者の車両に乗車してデートしていました。

アパートの出入り(宿泊の証拠)、親密な様子(手を繋ぐ、キスをするなど)の撮影にも成功、不貞の証拠は揃いました。

後日、相手女性の氏名、勤務先まで特定し、交渉の準備は整いました。

女性は藤沢市内の病院に勤務している女性でした。

依頼者様と対象者の話し合い

まだ依頼者様は離婚すると決定した訳ではないため、話し合いの際、初めは可能な限り穏便に交渉を進めたいとの事でした。

探偵を利用した事を最初から対象者に伝えると逆上を招く可能性があります。

まずは探偵を雇った事までは伝えず、外で手を繋いでいる写真を一枚見せて不貞を認めるのかどうか、そこで依頼者様は今後の事を判断したいのとお話でした。

結果的に、対象者は写真で不倫を認め、依頼者様に謝罪して再構築するという方向に決まったとの事です。

まだまだ様子見は必要ですが、もし行動を改める様子がなければ、今回撮影した不貞の証拠は3年間使えるものです。

不貞の証拠があれば対象者(有責配偶者)からの離婚は不可能になります。

不倫の時効は3年、もしそれまでに不倫が再発するようであれば、今回撮れた証拠をもとにして慰謝料請求し、離婚するとの事でした。

 

トップページへ

 

探偵の浮気調査事例 藤沢市 03-6367-2616

探偵の浮気調査事例 藤沢市 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL