悪質探偵の詐欺被害にご注意を

悪質な探偵業者による被害

残念ながら探偵業者の中には悪質な業者も存在しており、詐欺や高額請求などの被害があります。

・料金を払ったら連絡が取れなくなった

・調査報告がない、曖昧

・想定外の高額請求

このような被害に遭わないようにするにはどうすればいいのか?

このような探偵業者にはご注意下さい

①探偵業の届け出を出していない。

最も危険なタイプの探偵業者です。

探偵業の届け出を出していないと言うことは、言い換えれば探偵業を許可されていない一般人という事です。

加えて、素性も明らかでない為、被害に遭った後に逃げられたら追う事が難しくなります。

※探偵業の届け出を出す為には代表者や従業員の氏名、住居など素性を明らかにする必要があります。

仮に尾行がうまくいったとしても、それは探偵じゃない人が他人の後をつけるという違法行為であり、裁判で証拠能力を否定される可能性も出てきてしまいます。

当探偵事務者は探偵業の届け出を出して活動しています。

 

 

②調査報告がリアルタイムじゃない。

真面目に調査している探偵業者であれば、調査報告がリアルタイムに出来ない理由がありません。

契約時に調査報告はリアルタイムで可能かどうか聞いてみる事をお勧めします。

現地の写メや動きの報告がリアルタイムに送られてこないという事は、本当は現地に行っていない、ミスを隠す為など、良くない理由があります。

当探偵事務者の場合、調査の報告はリアルタイム、余裕があれば現地や調査対象者の写メをラインなどでお送りしています。

※依頼者様の目的達成の為、強いご希望がなければあえてリアルタイムでは詳細な居場所だけは伝えない事もあります。(依頼者様が現地に現れてしまうのを防ぐ為など)

 

 

③料金表通りの金額じゃない、電話で料金を言わない。

現状、これはほとんどの探偵業者に当てはまります。

料金表に記載された料金からかけ離れた見積りを提示された時点で依頼するのはお勧めできません。

料金表に本当の事が書かれていない以上、契約にない追加請求がないとは言いきれません。

最終的に非常に高額な調査費用を請求される恐れもあります。

当探偵事務者はこのホームページに記載された料金、見積り外の請求はありません。

少々イレギュラーな業務もあり、全てを網羅する事は難しいのですが、そのような場合でも電話、メッセージでまずは見積りをお伝えしています。

 

それでも悪質探偵の被害に遭ってしまったらどうするべきか?

被害に遭った探偵社の探偵業届出済証明書番号を警察に訴えましょう。

届け出を出しておらず、依頼する人物の身分証確認も出来ていない場合、残念ながら難しいかも知れません。

警察に電話番号など、出来うる限りの情報を伝えるしかありません。

 

探偵を騙った詐欺について

基本的に、探偵業を営む上で、管轄の警察署を通して公安委員会に届出を出す必要がある為、届出を出している探偵社が詐欺を働くような事はむずかしいのですが、無届業者など探偵を騙った詐欺被害もあるようです。

最も悪質な被害として

『料金を支払った途端に連絡が取れなくなった』

このような被害を受けている方が実際にいらっしゃるようです。

大前提として、探偵業届出済証明書が確認できる探偵社であれば、この最悪の被害に遭う可能性は非常に低いです。

届出済証明書の交付を受ける為には探偵業に従事する者の素性を明らかにする必要がある為です。

まず第一段階として、探偵業届出済証明書の提示を求めてみましょう。

あとは料金、対応、報告などの話を聞いてみて総合的に判断するしかありません。

 

トップページへ

 

悪質探偵の詐欺被害にご注意を 03-6367-2616

 悪質探偵の詐欺被害にご注意を 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL