慰謝料請求の失敗パターン

浮気調査の最終目標の1つが慰謝料請求です。

離婚するしないに関わらず、浮気調査の後はほとんどの依頼者様が配偶者、もしくは浮気相手に対して慰謝料請求を行います。

慰謝料請求を確実に成功させる為に、失敗パターンをいくつかご紹介します。

 

慰謝料請求の失敗パターンは主に2つで、

・慰謝料が貰えなかった

・相手からも慰謝料請求された

のどちらかです。

 

慰謝料が貰えないパターン

慰謝料請求の失敗

・証拠が不十分

浮気の確実な証拠がない場合、裁判で慰謝料は認められません。

 

・請求相手の行方が分からなくなった

請求する際の最低限の情報は請求相手の住居ですが、これだけでは請求相手は引っ越せば逃げる事が可能な状態です。

 

・請求相手の金銭的な理由

慰謝料を払える程のお金がないという主張。

 

 

相手からも慰謝料請求されるパターン

慰謝料請求の失敗

・度が過ぎた請求行為

慰謝料請求の為とはいえ、会社に乗り込む、ネットに書き込むなどの行為はリスクが高いです。

逆に名誉毀損などで訴えられ、慰謝料を相殺される可能性が生じます。

 

・ダブル不倫かつ離婚しないで請求する場合

この場合は特に注意して頂きたいです。

過去の事例を1つ記載します。

ダブル不倫、離婚しないという条件で交渉を進めました。

浮気相手にも旦那がいるという事実を掴む前に、浮気相手に対して高額な慰謝料を請求した結果、浮気相手がその旦那に浮気を暴露して泣きついてしまいました。

逆に浮気相手の旦那から依頼者様の旦那さんに対しても慰謝料請求され、相殺されるという事態になってしまった事があります。

ダブル不倫、かつ離婚しない場合は出来る限り相手を刺激しないように、現実的な慰謝料額で請求する必要があります。

(離婚する場合は旦那さんが慰謝料請求されても依頼者様には影響がないので、強気に攻めて問題ありません。)

 

慰謝料請求を成功させる為には?

大事な事は3つです。

・確実な証拠を揃える

・請求相手の情報を集める

・違法な行為をしない

この3点に限ります。

 

慰謝料が貰えないという事態を防ぐ為には

『確実な証拠』『請求相手の情報』

逆に訴えられない為には

『請求相手の情報』『違法な行為をしない事』

です。

 

確実な証拠とは

確実な証拠は『浮気現場の写真』が最も確実です。

浮気調査はこの写真を撮影するのも目的の1つです。

 

次点で『自白の録音』ただし、配偶者が自白しても浮気相手については言わない事が多く、言ったとしても嘘の場合もあり、浮気現場の写真よりは決定打に欠ける証拠となります。

自白した本人からは慰謝料は見込めますが、相手への請求の成功率は相手次第です。

もし否認されれば慰謝料は取れないかも知れません。

 

その他、デートで撮影した写メやラインのやり取りなどは、それ単体では証拠とは認められません。

 

請求相手の情報

慰謝料請求の為に必要な情報は、

・氏名

・住居

・勤務先

・家族構成です

氏名住居は分からなければ請求は不可能な為、絶対に必要な情報です。

勤務先が判明していれば逃亡する可能性は下がります。

同居している家族構成を把握する事で、それに応じて慰謝料請求の作戦を練り成功率を高めます。

勤務先が把握できていれば慰謝料請求を無視される事はまずありませんが、万が一無視された場合などは実家へ手紙を送るなど作戦を考える必要があります。

勤務先や家族構成が把握できれば、金銭的に厳しいとしても借りたり分割などで支払ってくる場合がほとんどです。

 

違法な行為をしない

弁護士を通して請求するのが一番確実ではありますが、自分で慰謝料交渉をする場合は法令遵守で話を進めましょう。

名誉毀損、住居侵入、傷害、恐喝などにあたらないか注意する必要があります。

 

トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL