社員素行調査

社員素行調査の目的

・解雇する為の証拠収集

・雇用前の人物把握

解雇する為の証拠収集

従業員を解雇する為には相応の理由が必要となります。

労働基準法、労働契約法では

「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を乱用したものとして、無効とする。 」

と定められています。

つまり、従業員側に責任がない限り解雇は認められないという事です。

逆に言えば、従業員の責任を証明できれば解雇は可能になります。

具体的に探偵の社員素行調査で可能であるのは

1、就業規則違反の証拠収集

2、懲戒解雇事由、普通解雇事由の証拠収集

  ・経歴詐称

  ・企業機密の漏洩

  ・取引先からの金品の受け取り

  ・職務怠慢

など

これらを追跡調査により、証拠収集を行います。

雇用前の人物把握

対象者の素行、交友関係、ギャンブル癖などを行動調査により調査します。

雇用してしまった後に解雇するのは手間がかかります。

行動調査により、雇用を検討している対象者の様子を見ることをお勧めします。

 

調査手法

基本的には勤務中、及び退勤後からの尾行、休日に尾行による行動調査となります。

・勤務中

 サボり、不当な接触の証拠撮影

・退勤後

 不当な接触の証拠撮影

・休日

 交友関係、ギャンブルなどの行動調査

 不当な接触の証拠撮影

社員素行調査