嫌がらせ対策調査

嫌がらせ対策調査

嫌がらせ対策調査では下記のような調査が可能です

・付きまとい

・自宅や勤務先への嫌がらせ

・投石などの被害

・車に傷をつけられる

・知り合いに対する嫌がらせ

このような場合、監視と追跡による調査が可能です。

 

嫌がらせ対策調査のメリット

調査の目的は主に「嫌がらせの証拠収集」と「加害者の素性判明」となります。

この二つを達成する事により、「損害賠償請求」や「刑事告訴」ができるようになります。

被害に対する弁償、慰謝料請求を狙うのか、それとも刑事罰を相手に求めるのかで交渉の進め方は変わります。

 

調査の基本的な流れ

1、嫌がらせ現場の監視

2、被害状況、加害者の撮影

3、加害者の追跡

4、加害者の住居、氏名の特定

 

損害賠償、刑事告訴をする為には「証拠」と「加害者の素性(住居、氏名、可能であれば勤務先)」必要になります。

損害賠償の交渉の成功率、刑事罰を与えられる可能性を高める為です。

まずは嫌がらせ現場を監視し、証拠の撮影を行います。

その後、加害者を追跡することにより、住居の特定と進みます。

住居が判明すれば氏名も判明する見込みが強いです。

可能であれば、勤務先確認まで行った方が交渉の成功率は上がります。

 

トップページへ

 

嫌がらせ対策調査

業界最安値保証 フリーランス探偵事務所