浮気調査事例 結婚前の彼氏の尾行

女性の方からの調査のご依頼でした。

コロナ期間中という事もあり、面談ではなく電話、メールでのご連絡がメインとなりました。

詳しくお話を聞いたところ、結婚を考えている彼氏(対象者)の様子がおかしいとの事でした。

同棲などもしておらず、週に2回ほど会っているのですが、ここ数ヶ月は急に仕事が入ったなどでデートのドタキャンをするような事が目立っているとの事でした。

依頼者様のご希望としては、浮気しているかどうか確認し、話をしたいとの事でした。

調査当日

依頼者様が対象者と会う約束をしており、その別れ際から追跡調査を行うことになりました。

その日、対象者はお昼ご飯を一緒に食べるくらいの短時間しか会えないというような事を言ってきていたそうです。

対象者が言うには、午後から仕事が入っているとの事。

それが事実かどうか確かめたいとの事でした。

 

実際に依頼者様と別れた後に対象者を追跡した所、すぐに女性と合流しました。

調査中、依頼者様にその事を報告した所、依頼者様も追跡に合流したいとの事だったので、対象者達がいる地点を細かくご報告し、合流して頂きました。

手を繋いだり腰に腕を回すような動きもあり、浮気である事は間違いないだろうと判断できました。

結婚していればそのまま泳がせて不貞の証拠を固め、浮気相手の素性調査に進むところでしたが、今回はまだ結婚前、仮に浮気相手の素性を特定したところで慰謝料請求は不可能なので、その場で話し合いに持ち込む事になりました。

デート中、依頼者様が対象者達に駆け寄り、そのまま対象者を捕まえて問い詰めました。

 

ひとまずこちらは現場を離、数時間後、依頼者様から連絡が入りました。

対象者は平謝りだったとの事です。

今回の調査は1回で依頼者様の目的が達成でき、調査は終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL