浮気調査事例 東京都世田谷区

浮気調査事例 東京都世田谷区

 

東京都世田谷区で女性の方からの浮気調査のご依頼でした。

目的は夫(対象者)の不倫の証拠を撮影、離婚を防ぎつつ、相手女性への慰謝料請求です。

この依頼者様はの件はいつもと少々変わった調査となりました。

もともと依頼者様は、不貞の証拠、及び相手女性の氏名、住所、勤務先については把握しており、

既に女性に浮気に浮気についての慰謝料請求をしている最中でした。

・慰謝料30万円。

・今後、正当な理由なく対象者と接触したら1回につき罰金30万円。

という内容で合意がまとまりそうな段階でした。

 

では、依頼者様は何の目的で当探偵事務所に相談してきたのか?

 

それは

慰謝料を請求しても不倫を辞めないだろうから、正当な理由のない接触の証拠を撮影して欲しい

という事でした。

 

もともと対象者は地元の世田谷区で浮気相手の女性と密会しており、二人で行動しているところに依頼者様と鉢合わせ、

その場で浮気を認め、相手女性の電話番号を聞き出したそうです。

電話番号さえ分かれば弁護士照会により、名前と住所が約1ヶ月で判明します。

話し合いはしましたが、ひとまず慰謝料請求はせずにおいたとの事です。

 

でもその後も浮気相手との密会をやめる気配がなく、2年程ずるずると関係が続いてしまっていたとの事。

その間、相手女性の自宅に対象者の車が停まっているのを何度も確認したり、地元で行動しているので目撃する機会があり、約半年程前から慰謝料請求の交渉中との事でした。

 

初めは150万円程請求していたそうですが、減額に減額を重ねて30万円で今回合意が取れる事になったそうです。

今まで何度も辞めるように要求しても辞める気配がなく、おそらく今回の慰謝料請求の後も会い続けるだろう、と依頼者様はお考えでした。

 

30万円の慰謝料請求が終わっても、その時頼んでいた弁護士の費用でほとんど慰謝料は手元に残らない。

今回の合意内容に違反している証拠を集め、多めの慰謝料を請求するのが依頼者様の狙いでした。

依頼者様は現在頼んでいる弁護士にご満足しておらず、当探偵事務所の提携弁護士をご紹介する事になりました。

 

30万円の慰謝料請求が完了した後、調査の作戦を立てる事になりました。

状況を整理すると、

・浮気相手の氏名、住居、勤務先が判明している。

・平日はほぼ毎日のように夜、女性宅へ足を運んでいる。

・対象者は車移動。

・正当な理由のない接触を証明する。

 

 

今回必要なのは、「不貞の証拠」ではなく「正当な理由のない接触の証拠」です。

通常の浮気調査のように、ホテルへの出入りを撮影したり、相手女性宅に入った後出てくるまで撮影する必要はありませんでした。

弁護士によると、

対象者が浮気相手の自宅に入る。

外でご飯を一緒に食べている。

など、ごく軽い証拠で問題ないとの事。

 

ほぼ毎日相手女性宅に行っているとの事なので、部屋に入るところを何度か撮影するという作戦になりました。

 

が、ここで1つ想定外の事態が発生しました。

インターネットで賃貸情報を確認したところ、相手女性の自宅アパートが既に空室になっていました。

慰謝料の支払いを終えたと同時に引っ越したようです。

が、特に問題はありませんでした。

住民票を移せば弁護士が必要に応じて戸籍を辿れるので、引っ越し先を割り出して頂きました。

住民票開示には約1週間かかるので、少し時間をロスしました。

 

浮気相手女性の新居、アパートを監視していたところ、仕事終わりの様子の対象者の入りを撮影。

かなり警戒している様子でしたが、少し撮影の仕方を工夫してすぐに証拠を撮る事が出来ました。

目立たない所に監視カメラを設置し、調査員は離れた所にいました。

映像を確認した所、部屋に入る前に見られていないかあちこち確認していました。

カメラには気付きませんでしたが。

これを5日間、繰り返し撮影を行いました。

30万円の慰謝料請求後、約2週間で5回分の証拠が撮れました。

30万円×5回で違約金150万円の計算です。

ひとまず、この5回の証拠で慰謝料請求を始める方向になりました。

 

弁護士を通して内容証明を相手に郵送。

接触の証拠が撮れた日時を詳細に記載し、慰謝料150万円を請求。

相手女性はもともと相談していた弁護士に泣きついたようですが、一切減額される事なく150万円を回収する事が出来ました。

流石に懲りたのか、それとも慰謝料の支払いの際に喧嘩したのかは分かりませんが、対象者と相手女性は縁が切れたようです。

その後、時間がかかってはいるようですが関係修復の方向で話をしているとの事です。

 

慰謝料請求 反論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL