浮気調査

浮気調査

浮気調査の目的と手段

浮気調査の目的

浮気調査の一番の目的は、「不貞の証拠」を撮影する事です。

次に大事なのは浮気相手についての情報集めとなります。

その為の手段は「尾行」「写真撮影」がメインです。

大きく分けると、依頼者様が探偵に依頼する目的は3つに絞られます。

・浮気しているかどうか確かめたい。

・不貞の証拠が欲しい。

・浮気相手について調べたい。

全て、不貞の証拠を狙って尾行を行う事で達成する事ができます。

不貞の証拠として一番確実なのが、浮気現場の写真です。

探偵の浮気調査は、最も確実な証拠である浮気現場の写真撮影を狙って尾行を行う事となります。

それによって、上記の浮気しているかの確認、不貞の証拠が揃います。

慰謝料請求をお望みの方は浮気相手の素性調査へと進みます。

慰謝料請求の際に利用できる浮気相手の必須の情報は、氏名、住所、

更にあると便利なのが勤務先、家族構成把握です。

優先順位

優先順位としては、

1、不貞の証拠

浮気の有無の確認、慰謝料請求、どちらにも必要。

2、浮気相手の氏名、住所

浮気相手への慰謝料請求の為には必須、それだけでなく、配偶者への交渉材料となり得ます。

3、浮気相手の勤務先、家族構成

配偶者、浮気相手に対しての交渉材料となります。

 

どこまで調査を行うべきか

依頼者様の最終目的、ご予算、慰謝料見込み額などに合わせて、どこまで調査を行うかご提案する形となります。

慰謝料請求が主な目的の場合、「調査費用と弁護士費用」が「慰謝料見込み額」を上回ってしまっては意味がありません。

現状、ほとんどの探偵会社は料金が非常に高額の為、依頼したとしても慰謝料額を上回ってしまっています。

探偵の調査費用はあまりに高額(目安としては50万円程)過ぎると上乗せは不可能になってしまいます。

一般的な探偵会社の場合、料金が高額すぎて探偵費用は慰謝料に上乗せして請求できない場合が多いですが、当探偵事務所くらいの低料金設定であれば慰謝料に上乗せして請求可能です。

依頼者様の利益を考えると調査費用はかかったとしても30〜60万円以下に抑える事が重要になります。

出来る限り費用を抑え、慰謝料を回収した際に依頼者様のプラスになるように尽力します。

尚、仮に調査の結果、不貞の事実がなかったとしても決して無駄にはならないと当探偵事務所は考えています。

帰りが遅い事が多い、怪しい行動が見受けられるなど、不倫の可能性を感じると精神的に追い詰められてしまいます。

実際に不貞行為が無いという事を確かめて頂ければご安心頂けると思います。

不倫しているかも知れないと考え続けてしまうよりずっと精神的に楽になるのではないかと思います。

 

探偵に浮気調査を依頼する意義について

探偵に浮気調査を依頼して不貞の証拠映像の撮影に成功した場合、夫婦間の話し合い、慰謝料請求、離婚交渉などあらゆる面で非常に有利に進められるようになります。

不倫による慰謝料請求をする為には不貞の証拠が必要になります。

一般の方が自分で集められる範囲の証拠には限界があり、慰謝料を請求出来る程の証拠としては不倫現場の撮影をする必要があります。

慰謝料の相場としては

離婚しない場合 30万円~50万円

別居に至った場合 100万円~200万円

離婚した場合 200万円~300万円

程です。

当社の考え

当社の考えとしては、浮気調査費用は30万円以下に抑えるべきであると考えています。

それを超えてくると、離婚しない場合は慰謝料よりもかかる費用が高くなってしまう為です。

30~50万円前後であれば、慰謝料に上乗せして調査費用を相手に請求する事も出来ます。

これが調査費用100万円となると話は変わってきます。

そこまで高額だと請求相手に弁償させる事が出来なくなります。

当社がお受けする浮気調査は、ほとんどの場合、依頼者様には最終的にプラスになって頂けています。

探偵業界の現状

しかし、現状ほとんどの探偵社の浮気調査費用は、1日あたり20万円前後が相場、調査完了までに100万円以上かかることも珍しくありません。

これでは慰謝料見込額よりも調査費用の方が高くなってしまい、浮気調査を依頼する意味は薄くなってしまいます。

調査費用は裁判所に適正な価格であると認められれば慰謝料に上乗せして請求する事が可能なのですが、大抵の探偵社は高額すぎて上乗せは認められていません。

意味のある浮気調査をする為には裁判所に認められる適正価格以内で調査を成功させる事が重要なのではないでしょうか。

 

不貞の証拠を撮影するメリット

・慰謝料請求するという選択肢が生まれる

・相手が有責配偶者となる為、相手からの離婚請求を却下できる

・精神的な余裕に繋がる

離婚するしないに関わらず、不貞の証拠は掴んでおく事をおすすめします。

離婚する場合は証拠を掴むことによって数百万円単位の慰謝料を請求する権利が発生します。

今、離婚しないとしても不倫の時効は3年間の為、証拠を掴んでおけば今後3年間は慰謝料を請求する権利があります。

夫婦で不倫についての話し合いをする際にも証拠が手元にあれば万が一の事態の保険になる為、ある程度、精神的な余裕が生まれます。

それに加え、不貞の証拠があれば相手が有責配偶者となる為、相手からの離婚請求を全て却下する事が可能になります。

有責配偶者からの離婚は大変難しく、別居期間が目安として5年以上、未成年の子供がいないなどという厳しい条件をクリアしなければ不可能と言われています。

離婚する場合、離婚しない場合、どちらにおいても不貞の証拠を掴んでおく事は有効かと思われます。

 

不倫の慰謝料相場について

裁判になった場合は以下が慰謝料相場になります。

別居・離婚しなかった場合

慰謝料30万円~50万円+弁護士費用+探偵費用

別居に至った場合

慰謝料100万円~200万円+弁護士費用+探偵費用

離婚した場合

慰謝料200万円~300万円+弁護士費用+探偵費用

可能であれば裁判をせず、示談交渉で進める事が理想です。

理由は示談の方が時間的、費用的なメリットが大きく、そしてなにより慰謝料額の増額が見込める為です。

裁判にまで発展してしまうと示談に比べて倍以上の時間と費用がかかります。

浮気調査では証拠を撮影するだけではなく、いかに示談交渉で済ませられるような情報を集めるか、という側面もあります。

示談の場合、裁判よりもプラス50万円程の慰謝料増額が見込めます。

理由は、請求相手も弁護士を用意して裁判で争うよりも、50万円程の増額なら呑んだ方がメリットが大きい為です。

示談の場合、早い方だと1ヶ月以内で慰謝料の回収に成功します。

調査の依頼から1ヶ月程で数100万円の慰謝料の回収が可能です。

裁判の場合は3ヶ月以上かかる場合がほとんどです。

弁護士費用などもかかってしまう為、示談で済ませる事が重要です。

離婚されない場合、慰謝料の回収の後は浮気相手と今後の接触を禁止する約束をする事も重要です。

今後の正当な理由のない接触1回につき○○万円の罰金を設定します。

誓約書などを取り交わし、保管しておく事になります。

その後の経過観察などのアドバイスも積極的に行っております。

 

外部リンク・不貞の慰謝料相場

 

不貞の証拠の具体例

・ラブホテルの出入り

・自宅などで二人きりでの出入り

・手を繋いだりしているシーン

不貞の証拠が撮影できた後、浮気相手に関しての調査を行います。

慰謝料交渉を有利に進める為の調査です。

・勤務先の把握

勤務先を把握しておけば、いざとなれば給与差し押さえなどの強制執行が可能になります。

示談交渉の際にも勤務先を把握されているとなると相手に相当なプレッシャーを与える事が可能になります。

特に勤続年数が長い場合、給料が高い場合などは交渉が容易になります。

・家族構成の把握

浮気相手にも家族がいる場合があります。

一緒に生活している家族構成を把握すれば慰謝料交渉もやりやすくなります。

特にダブル不倫等の場合、不倫相手も配偶者にバレる事は避けようとする為、慰謝料の交渉が容易になる場合があります。

・財産の把握

土地や建物などの不動産、口座情報などの財産の把握が出来ていれば強制執行がしやすくなります。

把握している事が請求相手に伝わってしまうと財産を隠される恐れがある為、これらの情報は切り札として使います。

 

基本的な流れ

1、浮気の証拠の撮影

2、浮気相手の身元調査

3、弁護士に慰謝料回収の依頼、もしくはご自身での交渉

慰謝料回収を成功させる為には不貞の証拠だけではなく、成功率を上げる為の情報も集めるべきです。

具体的には不倫相手の氏名、勤務先や財産の把握です。


浮気調査の難易度、状況によっては割引可能です。

​慰謝料を請求する為、裁判でも通用する証拠、報告書を作成しています。

浮気調査に関して料金を安く抑えるには、いかに少ない調査時間で強力な証拠を撮るかにかかっています。

綿密に計画を練り、効率的に調査を行えればと思います。

裁判で認められる報告書を作成しています。

面談の際、報告書のサンプルなどご覧に入れます。​

​慰謝料請求まで、アフターサポート(弁護士の紹介、交渉のアドバイス等)は無料です。

 

浮気調査中のご連絡について

当探偵事務所の調査中のご報告としては、

・調査開始時間

・現地の写メ

・動きがあった場合は余裕のある時にビデオカメラのモニターを撮影してその場でお送り

・もし追加料金が発生する場合はお知らせしてご了承を頂いた場合のみ

・現地の調査員とリアルタイムで連絡を取れるシステム

このように考えうる限りの情報を依頼者様にその場でお送りするようにしています。

 

探偵事務所に調査をお願いする上で、依頼者様としては「今どのように調査が進んでいるか」というのは気になるところだと思います。

当探偵事務所以外の探偵業者は、調査中にここまでの情報量で依頼者様とコミュニケーションを取れる所は珍しいようです。

 

一般的な探偵業者の連絡システム

ほとんどの探偵業者は調査員と依頼者様が直接連絡が取れるシステムになっていない為、情報の伝達に時間がかかります。

それだけではなく、調査中の情報の正確性にも欠ける場合もあります。

理由としては、多くの探偵業者は

依頼者様➡︎相談員➡︎管理職➡︎調査員

調査員➡︎管理職➡︎相談員➡︎依頼者様

というように何人かの人員を伝達する事になる為です。

 

情報を伝達する人数が増えれば増えるほど、まるで伝言ゲームのように「時間」と「正確性」が損なわれます。

調査員が現地の状況を管理職、相談員に報告し、曖昧な点を勝手に解釈して依頼者様に伝え、事実と少々異なるご報告が依頼者様に届いてしまうということは多々あります。

 

逆も然りで、依頼者様から調査のヒントになる情報をご提供頂いたとしても、中間の人員が勝手に情報を取捨選択し、調査のミスに繋がるような伝達ミスも発生します。

 

当探偵事務所の場合

当探偵事務所の場合、調査員と依頼者様はリアルタイムで直接ご連絡が取れるシステムにしております。

中間の人員を通さない分、ご報告の時間にも齟齬が少なく、誤解も生じにくいです。

もし依頼者様が気になる点があれば、その場で調査員に指示を出して頂く事も可能です。

 

他のメリットとしては、初めてその対象者を追跡するという状況の時、

依頼者様にタイムラグ少なく対象者を確認して頂けるというのも大きいです。

顔写真から調査対象者を特定し追跡する事になるのですが、現場の調査員だけの判断ではなく、依頼者様にもご確認頂く事により、調査の確実性が増します。

似ている対象者が出てきた時、すぐに依頼者様に写真をお送りして確認して頂く、

というのはこのシステムでないと成り立たないと思います。

 

途中で人員を介して連絡を取っている間にも対象者は動き回っています。

依頼者様と現地の調査員が早く連絡が取れる事に越した事はないのではないでしょうか。

 

浮気調査はいつ行うべきか?

配偶者が浮気をしているとして、浮気調査をするとしたらどんなタイミングで実行すべきなのか?

一口にタイミングといっても、

”時期”という長期的な意味でのタイミングと、

”日程、時間”的な短期的な意味でのタイミング。

この二つでは意味合いが異なります。

このページではそれぞれ両方の側面から記載したいと思います。

 

長期(時期)的な意味でのタイミングについて

配偶者が浮気をしている。

不貞の証拠を撮影するとしたら、どの段階から行動を起こすべきなのか?

 

・浮気しているかも知れないという段階なのか。

・浮気している事が分かったら。

・それとも家族関係が悪化してきたら実行すべきなのか。

・離婚調停など離婚に向けた話し合いが本格化したら?

・別居が始まってから?

 

などなど、大まかに分けてしまうと上記の5つの段階があると思います。

この中のどのタイミングから不貞の証拠集め、浮気調査を実行に移すべきなのでしょうか?

当探偵事務所の見解としては、「浮気しているかもという段階」「浮気している事が分かった時点」もしくは「家族関係に影響を及ぼすようになったら」浮気調査を進めた方が良いと考えています。

簡単に言ってしまえば早ければ早いに越した事はないと思います。

 

理由は、不貞の証拠はどの段階でも「持っていて損をする事はないから」です。

 

不貞の証拠があれば何を得られるのか?↓

・配偶者と話し合いをする為の材料

・離婚の拒否権

・離婚せずとも浮気相手に慰謝料請求するという選択肢

・万が一離婚になった場合は慰謝料を請求するという選択肢

・ある意味で精神的な余裕

・浮気の事実がないという結果が出た場合でも、調査費用はかかってしまいますが安心に繋がるかと思われます。

 

浮気を疑って探偵の記事をお読みになっている時点で、不貞行為がある可能性はあると思います。

多くの方は配偶者が不倫をしている場合、辞めて欲しいとお考えになるはずです。

が、証拠も何もない状態で話し合いに臨んだとしても、素直に自白して謝罪、辞める方は稀です。(100人に1人いれば良い方だと思います)

「不倫を辞めて欲しい」という一番最初の段階から”不貞の証拠”がなければ話にならないのです。

 

※もちろん、まだ離婚するかどうかすら決まっていない段階で”探偵を雇った”と言ってしまうと逆上を招くので、そこはオブラートに包んだ言い方が必要になります。

 

配偶者が不倫をしている場合の選択肢は2つです。

・放置

・話し合う

放置していれば勝手に不倫が終わる事もあるかもしれませんが、そうならなかった時の事を考えるとリスクが大きいのではないかと思います。

話し合いをするにしろ、不貞の証拠は必要です。

どちらの選択肢を取るとしても、証拠はあった方が良いのではないかと思います。

 

本当に必要になってから浮気調査を頼めば良いんじゃないか?とお考えになる方もいらっしゃると思います。

確かに、放っておけば不倫を辞めるかもしれません。

辞めなくても、離婚の話が本格化してから、別居になってからでも不貞の証拠は撮れるのではないかとお考えになる方もいらっしゃると思います。

ですが、当社の考えとしてはもっと早い段階で浮気調査を進めた方が良いのではないかと思います。

理由は3つあって、

・「夫婦関係が既に破綻していた」など変な言い訳をしてきて話し合いが長引く事もある為。(問題はないのですが、慰謝料回収まで時間がかかります)

・夫婦仲が悪くなる、もしくは別居が始まると対象者の行動が読みにくくなり、調査費用が高額になる可能性が高い為

・不倫相手と同棲を始めたりすると、不倫相手の素性調査が難航する為

です。

 

なので、これを避ける為にはなるべく早い段階で不貞の証拠を掴んでおいた方が良いと思います。

そうすれば調査費用も抑えられ、不倫相手の素性調査もスムーズに進み、言い訳も防ぐ事が出来ます。

 

浮気調査はなるべく早い段階で進めた方が上手くいくケースが多いです。

 

短期(日程、時間)的な意味でのタイミングについて

では、いざ浮気調査をはじめるに当たって、どんなタイミングで調査を行うべきなのか?

これについては、「配偶者が不倫相手と接触している可能性があるタイミング」を絞り込む作業が必要になります。

同居中であれば、絞込みはある程度し易いかと思われます。

帰りが遅くなる日、帰ってこない日、休日が怪しいなど、状況に応じてタイミングを合わせて調査を行えれば成功率も高いです。

確実に仕事をしている曜日、家にいる時間帯を省き、それ以外の時間で調査を行う事になります。

 

ただし、情報の集めすぎには注意が必要です。

調査対象者の携帯を無理にチェックしたり、鞄の中身を確認したり、財布を開けたりなど、

強引な情報集めをしてしまうと対象者が警戒してかえって行動が読みにくくなってしまいます。

 

別居が始まってしまうと、情報は集めにくくなってしまいます。

配偶者の行動がほとんど把握できなくなってしまう為です。

車移動だったり、別居先に不倫相手を連れ込んでいるような場合ならまだ何とかなりますが、そうでない場合は調査時間も長くなる傾向にあります。

仕事、睡眠時間以外はほとんど張り付くような調査手法になってしまいます。

浮気調査の時期が遅くなってしまうと、このように費用も増加する傾向にあります。

 

浮気調査中の注意点、調査の失敗パターン

浮気調査を失敗に終わらせない為に、依頼者様にもご注意頂きたい点があります。

依頼者様としても失敗は何としても避けたい事だと思います。

追跡調査の主な失敗の種類

主な失敗は

・見失う

・バレる

この2種類です。

浮気調査を進める際に最も注意すべきなのは「調査対象者に調査がばれる事」です。

 

監視の失敗で対象者を追えなかったり、見失ったりした場合にはやり直しをするなどで取り返しがつく事が多いのですが、調査がバレてしまえばそうも言っていられません。

バレた後の浮気調査の難易度は跳ね上がります。

場合によっては浮気相手と二度と接触しなくなってしまうという事も考えられます。

 

浮気調査を行う上で、失敗するパターンをいくつかご紹介します。

単に失敗と言っても、

「探偵のミスによる失敗」と「状況による調査断念」「依頼者様に原因がある失敗」があります。

この投稿ではそれぞれについて記載します。

 

○探偵のミスによる失敗

調査における明らかな探偵側のミスとしては、大きく分けて、

・対象者に調査がバレる。

・第三者に怪しまれる。

・対象者を見失う、見落とす。

この3パターンです。

どれも避けるべき事態ではありますが、

・1番まずいのは対象者に調査がバレる事です。

 

調査がばれてしまえば調査成功率が一気に下がります。

場合によってはそのまま二度と証拠が撮れなくなるという事もあり得ます。

調査がばれるパターンで多いのは、

・尾行のやり方

・監視のやり方

です。

 

単に尾行が下手で調査がばれる。

ただ歩いているだけの人を追うなら簡単なのですが、実際の対象者は実に多種多様な動きをします。

デパートに入ってエレベーターに乗る。

駅のエレベーターを使う。

道路を渡ろうとして後ろを振り向く。

道に迷う。

待ち合わせでキョロキョロする。

などなど、対象者の目線は常に動いています。

時には視界に入る事もありますし、エレベーターのような密室で2人きりにならざるを得ないような場合もあります。

そのような時、いかに対象者に意識されないようにするか?というのが探偵の技術です。

場合によっては今後の調査の継続の為、その日の追跡を断念する、という判断をする事もあります。

対象者がいる建物を監視する場合にも注意が必要です。

出入り口だけに集中してしまうと、上の階からその姿を見られていたり、カーテンの隙間から逆に監視されている、という事もあり得ます。

 

監視地点にも注意が必要です。

筆者も探偵を始めたての頃、追跡がバレてしまい危機に陥った事が何度もあります。

対象者が尾行に気づき、警察を呼ばれて署に連行されたり、

対象者が駅の事務室に駆け込んで事情聴取されたり、

渋谷駅で私服警官に取り押さえられたり。

さすがに今ではもう何年もそんな事はありませんが、追跡の技術が備わっていなかった初期の時代は何度も苦汁を舐めました。

重ねて言いますが、調査がばれる事は最も避けるべき事態です。

見失ったりした場合はまだ取り返しがつきますが、ばれるとそうも言ってられなくなります。

 

・次に良くないのが、調査現場で第三者に怪しまれる事です。

調査中、長時間の監視が必要になる地点で第三者に怪しまれると、調査の継続が難しくなります。

数時間で出てくる飲食店などの場合は多少他人に怪しまれても問題はないのですが、対象者の自宅などで第三者を敵に回してしまうと調査の成否に関わる場合があります。

警察に通報したり、近所の人達に怪しい人がいると触れ回ったりなど、第三者に怪しまれると調査継続が難しくなる場合があります。

筆者の経験談ですが、探偵会社で働いていた時代、住宅街で無理に立ち続けて監視を継続した結果、年配の女性がそれを怪しんで、近所中にそれを伝え、見渡す限りの人達に怪しまれまくるという事態になった事があります。

警察も呼ばれ、近くの民家の人は白々しく野球の素振りをするフリをしてこちらを観察している、遠くから様子を伺っている人達も居たり、というような地獄絵図でした。

現在では依頼者様と直接連携が取れているので、そのような失敗はせずに済んでおります。

 

・対象者を見失う、見落とすのはまだ上記2つよりはマシといえます。

(あくまでマシというだけです。見失わずに追跡するのが探偵の仕事です。)

対象者の警戒心も上がらないので、またやり直す事が出来ます。

これについてはよそ見や追跡の距離感を見誤ったりなど、明らかな探偵側の集中力不足と言えます。

 

○状況による調査断念について

 

これは当探偵事務所の契約書にも記載があるのですが、

 

・調査開始時点で既に対象者が監視地点から居なくなっていた場合。

これについてはたまにあるのですが、探偵の費用は調査時間に応じて加算される為、依頼者様が時間ギリギリから調査開始をお望みになる場合があります。

結果的に調査開始時間より前に対象者が行動を始め、その日の追跡は失敗するという事もあります。

丸一日分損をしてしまうので、開始時間にはある程度余裕を見て調査する事をお勧めしています。

 

・交通状況

主に車両追跡の場合ですが、対象者の交通違反により、調査継続を断念する場合があります。

浮気調査の場合はGPSを付ける事がほとんどなので、仮に目視出来なくなったとしても調査継続出来る場合がほとんどですが。

GPSを付けられるのは依頼者様が所有している車両のみとなります。(共有財産と言える車両も可)

 

・災害、犯罪

これについては極めて稀なケースです。

今のところ、当探偵事務所で適用された事は一度もありません。

 

・現地の地理状況

周り一戸建てばかりの住宅街だったりすると、監視が難しくなる場合もあります。

依頼者様に対象者が出る時間を教えて貰うなどで対策可能ですが、

「監視しにくい戸建ての住宅街に住んでいる一人暮らしの対象者」

のような極端な例だと調査が難しくなる場合もあります。

 

・尾行中の状況による調査断念

調査中の動き次第では、その日の調査を断念する場合があります。

・追跡途中のタクシー乗車。

・デパートのエレベーターに複数回乗るなど、探偵が視界に入らざるを得ない動き。

このような場合は無理矢理追跡を継続してしまうと調査の発覚など、致命的なミスに繋がります。

不貞の証拠の撮影や、不倫相手の素性調査の完了の為、やむを得ず、その日の調査を中止することもあります。

 

・依頼者様からの情報に誤りがあった場合

これについては何度も確認をするので滅多にありませんが、監視地点の住所の間違い、対象者が勤務する会社の名前の間違いなどがあると、調査が失敗する恐れがあります。

 

・依頼者様側に原因がある調査の発覚

本当に多いのが、「探偵に送るはずだったメッセージを間違えて対象者に送ってしまう」というパターンです。

筆者が行った調査で、対象者が自宅を出るタイミングで依頼者様に教えて頂く作戦を取る事があるのですが、

「今から旦那が出ます!」

という文章をそのまま旦那さんに送ってしまった方もいらっしゃいます。

もちろんその日の調査は断念。

対象者の警戒心も上がってしまいました。

その他の例だと、契約書、領収書をその辺に置きっぱなしにしてしまって、対象者に見つかってしまった依頼者様もいらっしゃいます。

 

・ご依頼前から既に警戒している場合

たまにあるのですが、既に他の探偵社で調査失敗、バレてしまっており、その上で当探偵事務所にご相談頂く事もあります。

意外と突破口は見つかる事が多いのですが、通敗は上記になります。

探偵に調査をご依頼される方のほとんどの方が、初めて探偵に依頼される方達です。

どういう時に失敗するのか知っておけば、調査を成功させる確率をぐっと上げられるのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

依頼者様側に原因がある調査失敗について

調査を進めている時、特に気をつけて頂きたい事は『調査対象者を警戒させない事』です。

対象者が警戒心を抱く事により、調査の難易度は上がってしまいます。

探偵側が細心の注意を払って調査するのはもちろんの事、依頼者様にも対象者を警戒させないようにご協力頂く必要があります。

主に、依頼者様が原因となって対象者が警戒するよくあるパターンとしては主に4つです。

 

①調査でしか知り得ない情報を対象者に伝えてしまう。

②契約書、名刺などが見つかる。

③調査の連絡の宛先間違え

④依頼者様自ら調査、もしくは行き過ぎた情報集めを行ってしまう。

 

浮気調査でしか知りえない情報を対象者に伝てしまう

調査では今まで知り得なかった情報が得られます。

調査が進むにつれ、裁判や話し合いにおいて非常に有利になる情報、証拠がどんどん揃っていきます。

しかし、必要な情報が揃いきる前に対象者が警戒して調査の進行が難しくなってしまった場合、本来は知り得た情報が得られなくなってしまう事も考えられます。

依頼者様には調査が終了するまで、調査で知り得た情報を外部に漏らさないよう、細心の注意を払って頂くようにお願いしております。

 

契約書、名刺などが見つかる。

その他、たまにあるのが契約書の保管ミスです。

契約後、テーブルの上に契約書を置きっ放しにしておいて対象者に見られたという事もあります。

契約の事実が分かるような書面、名刺などについては、

調査対象者が見ない場所に置く、実家に置いておく、職場に置いておく、細心の注意を払って保管して頂くようにお願いしております。

契約書や名刺などが対象者に見つかってしまうと、調査の継続が困難なレベルに警戒します。

 

調査の連絡の宛先間違え

依頼者様が本来、調査員に送るはずだったメッセージを間違って対象者に送ってしまうという事が稀に発生してします。

宛先間違えにご注意をお願いしております。

当社は調査員と依頼者様が直接ラインで連絡を取れるシステムで、調査中にもリアルタイムでやり取りを行う事が多いです。

その際、

「今から旦那が出て行きます!」

「今日の調査は終了にしてください。」

など依頼者様から調査員にメッセージを送信する機会も多いのですが、

それを調査員ではなく、間違えて調査対象者に送信してしまう、というミスは本当によく起こります。

よほど勘の鈍い調査対象者でない限り、自分が調査されている事実に気付きます。

 

依頼者様自ら調査、もしくは度が過ぎた情報集めを行ってしまう。

行き過ぎた情報収集によって調査対象者に警戒心を抱かせてしまうパターンも多いです。

調査は対象者の情報が多ければ多いほど成功率は上がりますが、対象者が警戒してしまっては元も子もありません。

例として、

・依頼者様自ら対象者を尾行する。

・友人に尾行を頼む。

・対象者の携帯電話をのぞき見る、

・iphoneを探すを起動して対象者に通知が行く、

・鞄にGPSを仕込んでそれがバレてしまう、

・調査当日、対象者の服装を撮影する。

などなど、情報収集のやりすぎにも注意が必要です。

これらはある程度リスクの高い行為です。

あくまで情報集めは対象者が警戒しない範囲で、実行する際にはなるべく事前にご相談頂くようお願いしております。

依頼者様のご予算次第でもありますが、リスクの少ないやり方で分かる範囲で情報を集められたらあとはプロに任せる事をお勧めします。

 

調査対象者を警戒させない為には?

行動調査している事実が対象者にばれてしまい、警戒心が上がってしまうと調査は難航します。

例外的なケースを除き当社の行動調査で対象者に警戒心を抱かせてしまう事はまずないのですが、依頼者様の行動により、対象者を警戒させてしまう場合があります。

調査の難易度は低いに越した事はありません。

難易度が低ければ低いほど、成功率は高くなり、費用を抑えられる見込みもあがります。

依頼者様にご注意頂きたいポイントは上記項目でご説明した通りですが、この項目では更に細かいポイントを記載します。


警戒心を抱くと調査対象者はどのような行動をとるのか?

◎警戒レベル0

全くの無警戒の状態

大抵の人の場合、自分が尾行されているとは全く思っておらず、通常通りに調査をすれば問題ありません。

初めは多くの人物が無警戒の状態です。

 

◎警戒レベル1

家族、知り合いに目撃に対する警戒

多少警戒心が強い人物の場合、自宅を出てすぐ、職場を出てすぐの時には周りに対する警戒が伺える事があります。

大抵の場合、最寄り駅付近までは多少警戒しますが、周りに知り合いがいないとわかると無警戒の状態になります。

調査の難易度的には無警戒の人物とさほど変わりありません。

 

◎警戒レベル2

配偶者、ご家族などの尾行に対する警戒

不倫問題などの場合、依頼者様自ら尾行してしまう方もいらっしゃいます。

依頼者様自らの尾行がバレてしまうと対象者は後ろを振り向く、Uターンするなどの行動が見受けられるようになります。

調査の難易度は当然、無警戒の人物よりも高くなります。

自宅、職場などを出てしばらく警戒し、自分の身知った人物が周りにいない事がわかると通常通りの行動をとるようになります。

 

◎警戒レベル3

探偵、知り合いからの監視、尾行に対する警戒

配偶者や家族だけでなく、自分の知らない人物に対する警戒心まで抱いてしまっている状態です。

この状態になると調査は至難になります。

周りの人間全てに対する警戒となってしまっている為、調査の手段も大幅に変えざるを得ません。

後ろを振り向く、Uターンする、隠れるなど、通常の尾行はほとんど不可能になってしまいます。

この状態でも作戦次第では調査を成功させる事が可能ですが、場合によっては調査そのものの目処が立たない状態になります。


調査対象者に警戒心を抱かせてしまう行動一例

・不自然なタイミングで調査対象者の写真を撮影する(対象者の服装確認の際など)

・本来知りえない情報をうっかり調査対象者に喋ってしまう

・調査の事前情報を集める際に対象者に違和感を持たれる

・依頼者様自ら調査で判明した場所に行ってしまう

 

①調査契約書や依頼者様の携帯の中身を対象者に見られてしまう

契約書の保管場所には細心のご注意をお願い致します。

契約書が対象者に見つかった場合は調査の難易度が一気に跳ね上がってしまいます。

この場合、上記の警戒レベル3の状態になってしまいまいます。

絶対に見つからない場所への保管(ご実家など)をおすすめします。

それと、探偵との連絡を調査対象者に見られてしまう事も絶対に避けて下さい。

 

②不自然なタイミングで調査対象者の写真を撮影する

調査の成功の為、調査当日に対象者の服装を依頼者様にお尋ねする事があります。

服装の把握の為に調査対象者の写真を撮影してしまう依頼者様が過去にいらっしゃいましたが、調査対象者は警戒し調査が難航してしまった事があります。

勘のいい調査対象者の場合、誰かに調査されている、見られている可能性に行き着いてしまいます。

服装の色、種類は文章でお願いしております。

 

③本来知りえない情報をうっかり調査対象者に喋ってしまう

「調査していなければ知りえない情報」を調査対象者に喋ってしまうと警戒心はあがります。

例えば浮気調査の場合、調査対象者の行動、不倫相手の氏名、自宅、勤務先などなど判明する事柄は非常に多いです。

伝えて調査対象者に釘を刺したいお気持ちはお察ししますが、調査終了までは調査で判明した事実を調査対象者には漏らさないようにお願い致します。

 

④調査の事前情報を集める際に対象者に違和感を持たれる

調査対象者の行動を把握する為、事前情報は多いに越した事はありません。

情報が多ければ多い程、調査費用を抑えられる可能性が上がる事も間違いありません。

ただ、対象者が警戒してしまっては元も子もありません。

特に多いのが、調査対象者の携帯の中身をチェックしている事が対象者にバレるケースです。

携帯のチェックがばれた程度では、調査に対する警戒までは抱かない事が多いですが、警戒心は低ければ低い程いいです。

 

⑤依頼者様自ら調査で判明した場所に行ってしまう

例えば浮気調査の場合、配偶者の不倫相手の住居や勤務先等、新たに判明する事実は多いです。

そんな時、依頼者様が不倫相手の住居や勤務先を気になって見に行ってしまう事もあります。

もしそこで万が一、不倫相手や配偶者に見つかってしまうと色々な問題が生じてしまいます。

精神的にもお辛いでしょうし特にメリットはありませんので、お控え頂きますようお願いしております。

 

警戒心を抱かせない為には?

まず大前提として、何もしなければ対象者が警戒心を抱く事はありません。

何かリスクの高い行動を起こし、それが対象者にバレるから警戒します。

バレるリスクの少ないやり方をまずはお勧めします。

依頼者様に出来る行動の中でも、リスクの無いやり方、逆にリスクのあるやり方があります。

 

リスクの無い情報収集の具体例

・外出、帰宅時間の把握

・自宅を出る際の移動手段

・曜日の傾向

これらは安全に集められる情報です。

リスク無しで集められる情報でも充分調査が可能な場合がほとんどです。

 

リスクの高い情報収集

が、リスクを承知の上で、更に調査費用を抑える為にリスクの高い情報収集のやり方もあります。

・対象者の携帯のチェック

・荷物のチェック

・ドライブレコーダー、カーナビの履歴確認

・車両にGPS、ボイスレコーダーを仕込む

このあたりまでご自身で行う依頼者様も、一定数いらっしゃいます。

多少リスクはありますが、ここまで出来れば調査費用を抑えられる可能性は高いです。

が、バレてしまうと今後、調査が難航する可能性があります。

 

!リスクが高すぎる情報収集!

・対象者の鞄にGPSを仕込む

・対象者の携帯にGPSアプリを仕込む

・自分で尾行する

・知り合いに尾行を頼む

ここまでやってしまうと対象者にバレる可能性は高くなってきます。

博打になってしまうので、お勧めは出来ません。

 

まとめ

実際に探偵が行う調査でもそうですが、理想はローリスクハイリターンです。

リスクが少ないやり方から順番に実行していく形がお勧めです。

そこで良い結果が出てしまえばもう勝ちなのです。

初期からハイリスクのやり方で強引に進めてしまうと、上手く行った時は良いのですが、失敗した時にはもう取り返しがつきません。

どんな情報収集を行うべきかなどもアドバイス可能なので、今すぐ調査をお考えでなくても、まずはご相談頂ければと思います。

LINE相談等、コストがかからない相談方法であれば無料で対応致します。

 

GPSの使い方

浮気調査を進める上で、GPSは有効な手段になり得ますが、同時にリスクも存在します。

まず念頭に入れて頂きたいのは、

あくまでGPSは「調査のヒント」を得る為の手段という事です。

調査のヒントがあれば労力、調査費用を抑える事に繋がりますが、GPSの位置履歴だけでは不貞の証拠としては使えません。

不貞の証拠撮影、不倫相手の情報収集は、現地での調査など、別の手段が必要になります。

 

GPSは上手く使えれば労力、費用を抑えて情報収集が可能ですが、

もし見つかってしまった場合、その後の証拠集め、追跡調査に支障が出てしまいます。

最悪の場合、警察沙汰になる事もあり得ます。

GPSは「見つからずに使えれば非常に有効な武器」です。

が、見つかってしまえば逆に窮地に立たされるリスクも孕んだ手段と言えます。

 

 

有効な使い方と注意点

 

①どこに仕掛けるのか?

GPSを仕掛ける場所は非常に重要です。

仕掛け場所を安易に考えると、調査対象者にバレてしまう結果になります。

基本的に仕掛ける場所は、「車」か「持ち物」です。

 

◎車にGPSを仕掛ける場合

・自分名義の車両

・夫婦の共有財産という扱いの車両

これ以外の車につけるのは絶対に辞めましょう。

不倫相手の車など、他人の持ち物にGPSを付けてバレてしまうと、警察沙汰になる可能性が高いです。

車の場合、車検や点検などに注意を払いつつ、車の下に磁石などで上手く設置できれば見つかる事はほとんどありません。

仕掛ける時に怪しまれないように注意が必要ですが。

 

◎持ち物に仕掛ける場合

こちらも車と同様、

仕掛けるのは自分の持ち物、もしくは配偶者の持ち物などに留めましょう。

持ち物にGPSを仕掛けるのは車に比べてバレやすいので基本的にはあまりお勧めしませんが、

「対象者の行動が読みにくい場合」に使用する場合があります。

対象者が徒歩移動で、

・不倫相手の車に乗り込んで何処かに行ってしまう。

・仕事が営業で直行直帰もある。

・経営者、無職など、特定の行動がない。

など、追跡調査しにい場合、GPSの利用を検討する場合があります。

 

 

②どんな情報を得られるのか?

GPSで得られるのは位置情報です。

その位置情報を使い、どのように情報収集すれば良いのか?

重要になってくるのは、

・不貞行為の場所

不倫相手をどこで降ろすのか?

この2点です。

 

◎不貞行為の場所について

大きく分けると

・ホテル

・どちらかの自宅

・稀に車内

です。

GPSの位置履歴を確認し続けていると、傾向が分かってきます。

 

◎不倫相手をどこで降ろすか?

不倫相手にも慰謝料請求する為には、住所を知っておく必要があります。

なので、不倫相手の住所を知る為、どの地点で車を降りているか、GPSから推測しておくと追跡調査がやりやすくなります。

調査対象者はホテルや車内で不貞行為を行った後、不倫相手の自宅近辺や最寄駅などにそのまま車で送る事が多いです。

降りる地点を把握できていれば、そこから徒歩追跡を行うことにより、住所を判明させる事が出来ます。

 

自分で浮気調査は出来るのか?

探偵への依頼をご検討されていらっしゃる方の中には、

「自分で尾行して証拠集めをしよう」

とお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

結論から言ってしまうと、自分での証拠集めはお勧めしません。

理由は大きく括ると3つです。

 

①バレる可能性が高い。

基本的に、調査の経験がない方の追跡はバレてしまう結果になる事が多いです。

なぜ腕の良いの探偵はバレる可能性が少ないかというと、

「どんな場面でバレるのか」

を経験で知っているからです。

探偵が調査を行う際、どうしても今日の調査でこれ以上やるとバレてしまうな、と感じで追跡を断念したり、監視地点を切り替えたりする場合も時にはあるのですが、

調査の経験がない方だとそう言った判断ができません。

「せっかくチャンスなんだから見失う訳にいかない」

と、深追いしてしまうのです。

それと追跡以外でも、無理に対象者の携帯電話の中身を見ようとしたり、GPSを安易な場所に仕込んでしまったりなど、

素人の方はリスクのある行為が多いように見受けられます。

対象者にバレた後の調査の難易度は上がります。

難易度が高くなってから探偵に調査依頼をすると、費用が高くなってしまう事も多いです。

場合によってはどんなに費用をかけても証拠が撮れないような事態になる事もあり得ます。

 

②証拠の撮り方に関する知識が無い。

ご自身での追跡が上手くいき、証拠が撮れる場面になった時、どのような撮り方をすれば証拠として使えるのかご存知でしょうか?

おそらく、ほとんどの方はどのように証拠を撮ればいいのか分からないと思います。

言葉にしてしまえば簡単そうに思えます。

ホテルや不倫相手宅に入る所、滞在時間、出る所、

この中の組み合わせや、前後の状況で立証します。

当然、ここでもバレずに撮影する必要があります。

場合によっては追加の証拠が必要になるからです。

見つからない場所から証拠になるような映像、写真を撮る技術が必要になります。

パパラッチのように出入り口の目の前でシャッターを構えて待っている、というやり方では問題が起こります。

見つからず、確実に証拠を撮影できる地点を探す。

ダメなら他の手を考えたり、その現場に合わせた判断が必要になります。

調査対象者だけではなく、撮影地点での近隣住民や、利用店舗の従業員などにも注意を払わなければなりません。

それを怠ると警察を呼ばれたり、立ち退くように言われたりします。

そういった状況判断の能力も、調査では必要になります。

 

③過酷である事。

実際に調査をしてみると分かりますが、調査は経験のない方にとっては過酷です。

暑かったり寒かったり、同じ場所に何時間も居続ける事は体力を使います。

体力的な事だけではなく、

例えばホテル街などでは時々絡んでくるようなタイプの人物もいますし、

住宅街では、近隣住民から不審者を見るような目に晒される事だってあります。

場合によっては警察を呼ばれたりもします。

実際にご自身で調査された方にお話を伺うと、

「なんで私がこんな目にあって、こんな事をしないといけないのだろう」

と強く感じられた方が多いようです。

 

 

誰にも相談できず上手くいくか分からない過酷な調査を行うより、現実的な範囲の費用で依頼できる探偵を探した方が良いのではないかと思います。

百万も二百万も費用がかかるなら考えものですが、最近は総額30万円以内に抑えられるような、

慰謝料で充分に取り返せる範囲のご予算で依頼できる探偵社も増えてきています。

当探偵事務所もその中の1つです。

 

浮気調査完了後の動き

浮気調査を依頼される方の今後の流れとして、大きく分けると3つです。

・離婚せず不倫を辞めさせる。

・離婚、もしくは別居して慰謝料請求する。

・配偶者と話し合ってから決める。

多くの依頼者様はこの中のどれかを選んでいらっしゃいます。

※稀に「証拠を保険として持っておき、アクションを起こさずに現状維持」される方もいらっしゃいます。

それぞれ進め方が異なるので、調査終了後には依頼者様のご希望にあわせてサポートさせて頂いております。

 

離婚せず不倫を辞めさせる場合

この場合は

「浮気相手に対しての慰謝料請求」

「接触禁止の約束」

この2点が重要ポイントになります。

浮気相手との交渉はやり方を間違えると法に触れる可能性がある為、弁護士に依頼する事をお勧めしています。

離婚しない場合は慰謝料額が少なめではありますが、安全策で進めるなら弁護士を用意した方が良いかと思われます。

弁護士のご紹介も可能です。​

離婚せず、浮気相手に慰謝料請求する際にはひとつ注意すべきパターンがあります。

それは「浮気相手にも配偶者がいる場合」です。

いわゆるダブル不倫といわれるものです。

なぜ注意が必要なのかというと、浮気相手の配偶者に不倫の事実が伝わってしまうと、逆に相手方からも慰謝料請求されてしまう、という事態になる為です。

浮気相手に配偶者がいるかどうかは、弁護士に依頼すれば確かめる事が出来ます。

 

離婚もしくは別居して慰謝料請求が目的の場合

弁護士を用意するか、もしくはご自身で配偶者と不倫相手との慰謝料交渉となります。

まずは別居後、内容証明を送って示談を進めます。

示談での交渉が難しい場合、裁判となります。

こちらは離婚しない場合よりもずっと慰謝料の額が多くなります。

額は多いのですが、離婚しない場合と比べて交渉難易度は低いです。

理由は、別居先の準備さえ出来れば、後は慰謝料交渉を進めるだけだからです。

離婚しない場合は別れさせるためにどうするか、ダブル不倫だったらどうするかなど考えるべき点は多いですが、それに比べれば考える事は少ないです。

依頼者様側にどんな交渉材料があるのか把握しつつ、慰謝料請求を上手く進める為に作戦を立てます。

使いやすい交渉材料は請求相手の「勤務先」「家族構成」です。

そのあたりを上手く攻めつつ、交渉を進めれば慰謝料回収に繋がります。

 

配偶者と話し合ってから今後を決める場合

まずは話し合いをする、という依頼者様が一番多いです。

証拠を用いて言い逃れさせずに話し合いを行い、配偶者の出方によって離婚するかどうか決められる方もいらっしゃいます。

謝罪や反省があれば離婚せず、もし決裂すれば離婚。

離婚するかどうかの決定は話し合いの後でも遅くありません。

 

証拠撮影後に現状維持する場合

この場合は行動を起こさずに様子見となりますが、不貞の証拠が使えるのは3年後までなので、注意が必要となります。

 

慰謝料交渉の始め方

依頼者様の多くは最終的に慰謝料請求をお望みですが、慰謝料請求した経験が今までにない方がほとんどだと思います。

証拠が撮れた後、配偶者、浮気相手に対してどのように交渉を始めれば良いのか、不安な方は多いのではないでしょうか。

 

当探偵事務所の場合、慰謝料請求までアフターサポートして無料でお手伝いさせて頂いております。

慰謝料請求は状況により難易度が異なります。

慰謝料交渉の難易度に応じて、どのように慰謝料請求を行うか決めていくのが良いかも知れません。

 

方針を決める

離婚するかどうか、誰に対して慰謝料請求するかによって進め方は違ってきます。

 

・離婚を前提に進める。

・離婚しない事を前提に進める。

・まずは話し合ってから決める。

この3パターンから選んで頂く形になる事が多いかと思われます。

 

離婚を前提に進める場合

まず、基本的に離婚する場合の方が、交渉が簡単な場合が多いです。

離婚する場合は慰謝料の額が百万円単位で増えるので、交渉が難しいと思われる方が多いのですが、案外支払いまでスムーズに進みます。

 

離婚しない方向で進める場合

離婚しない場合は額が少ない割に案外難航することが多いです。

離婚しない場合、慰謝料だけでなく、今後の接触禁止を約束をどうするかなど考えるべき事が多く、交渉が複雑化します。

浮気相手にだけ慰謝料請求をお望みの方が多いのですが、裏で配偶者が慰謝料を弁償する事をどう防ぐのか、浮気相手から配偶者に対しての求償権放棄について、今後接触しない保障が無いなど、考慮すべき点が多い為です。

 

配偶者と話し合ってから進める場合

証拠を突きつけて配偶者と話し合い、その反応によって離婚するかどうかお決めになる方も多くいらっしゃいます。

そこで離婚を決意する方もいらっしゃいますし、配偶者からの謝罪を受け入れ、婚姻生活を継続される方もいらっしゃいます。

 

請求相手の状況について

請求相手の状況によっても慰謝料交渉の難易度は変わります。

まず支払い能力についてですが、こちらは一括で払えないような人物の場合、分割で支払い続けるような約束をして、公正証書に残すなどやり方はあるので、手元に慰謝料が入るまでに時間はかかってしまいますが、そこまで大きな問題にはなりません。

家族構成

大きく影響するのが請求相手の家族構成です。

特に、浮気相手にも配偶者がいる場合(ダブル不倫)は、交渉し易い場合が多いです。

※ただし、ダブル不倫で離婚せずに請求する場合は注意が必要です。

あとは実家暮らしなど、請求相手の家族も巻き込んで交渉できるような場合は交渉が進みやすい傾向にあります。

仕事

家族構成と同じくらい重要になってくるのが、請求相手の仕事です。

一番交渉し易い相手は、どこかの会社に勤務している相手です。

その会社の質が良ければ、更に交渉し易いです。

慰謝料交渉が難航した場合、裁判の後に給料差し押さえなどの手段を取る事も可能なのですが、これを恐れて大抵の場合は交渉に応じてきます。

 

その他、少々難しくなってくるのが経営者、自営業者の方です。

このような人物の場合、上記のような差し押さえが難しくなるので、交渉難易度は高い傾向にあります。

 

最も交渉しにくいのは無職です。

やはり捨てるものが無い人物というのは強いです。

強硬手段も取れず、難航する傾向にあります。

 

注意すべき相手

この中でひとつ注意が必要な組み合わせがあります。

「離婚せず、ダブル不倫の浮気相手に対して慰謝料請求を行うこと」

です。

過去のケースで、配偶者のいる浮気相手に慰謝料請求を行った結果、浮気相手の配偶者の耳にも入ってしまい、逆に慰謝料請求される余地が生まれました。

結果的に双方痛み分けとなり、1円も慰謝料が取れなかったケースがあります。

それを防ぐ為には、慰謝料の額を考慮したり、交渉自体の進め方にも配慮する必要があります。

 

どのように交渉を始めるか?

上記の傾向を踏まえた上で、まずはじめに依頼者様には

・弁護士に依頼する。

・ご自身で交渉する。

このどちらかを選んで頂く形となります。

交渉難易度と、双方の利点を踏まえた上で検討して頂くのが良いかと思われます。

ちなみに、まずご自身で交渉してみて駄目だったら弁護士に頼む、という選択肢もアリだと思います。

 

双方のメリット、デメリット

・弁護士に依頼する場合

メリット  

交渉の成功率が高い。  

トラブルのリスクを避けられる。  

請求相手と直接話をしなくてすむ。  

合意書や誓約書など、弁護士のアドバイスの 元に作成できる。

デメリット  

弁護士費用がかかる。  

交渉が長引く場合がある。

 

 

・ご自身で交渉する場合 

メリット  

弁護士費用がかからない。  

場合によっては相場よりも多い慰謝料を取れる。

デメリット  

請求相手とトラブルになる可能性がある。  

進め方により交渉の成功率が低くなる可能性がある。 

 

双方の流れ

弁護士に依頼する場合、

①弁護士とコンタクトを取り、契約。

②内容証明郵便など(場合によっては電話) で請求相手と示談交渉開始。

③示談交渉で駄目だった場合は裁判へ。

④裁判で判決を取り、強制執行。

 

という順番で進むことになります。

当探偵事務所がかかわった件だと、95%ほどは②示談交渉で終わります。

残り5%ほどが③裁判になりましたが、回収も無事に終わるケースがほとんどでした。

 

ご自身で交渉する場合

①配偶者と話し合い

②浮気相手と話し合い

③慰謝料、その他の条件の折り合いがつけば、 入金、もしくは公正証書の作成。

④折り合いがつかなければ弁護士に依頼。

というのが基本的な流れになるかと思われます。

 

ある程度まとめてはみましたが、経験のない方には中々どう進めればいいかご不安なことも多いかと思われます。

当探偵事務所は慰謝料交渉までアドバイスが可能です。

ぜひご利用頂ければ幸いです。

 

浮気を認めさせる為の問い詰め方

配偶者(もしくは恋人)の浮気にお悩みの方は、いずれ配偶者と話し合いをする時が来ます。

その話し合いで「浮気について認めるか否か」というのは今後に大きく影響します。

話し合いの結果、素直に浮気を認めた場合どのようなメリットがあるのか?

・今後の慰謝料の請求がスムーズに進む。

・浮気を辞めさせる事にも繋がる。

・慰謝料の額が増える。

主にこのようなメリットがあります。

 

話し合いで相手がシラを切る、無視する、逆ギレする、このような行動に出させるのは出来る限り避けたい事だと思います。

浮気を認めさせるのに重要なポイントは

1、確たる証拠、もしくはある程度の状況証拠

2、話し合いの進め方

この2つです。

 

証拠について

確たる証拠も状況証拠もない状態で話し合いに臨んでも、大抵の場合はシラを切られてしまいます。

探偵に頼むなどして確実な不貞の証拠を集めておく。

それが難しければ、ラインのスクリーンショット、検索履歴など、確実な証拠とは言えないまでも状況証拠と言える材料を揃えておく必要があります。

 

話の進め方

話の進め方も重要になってきます。

仮に不貞の証拠が全て揃っている状態だったとして、

怒鳴り散らしながら話を進めるのと、冷静に話を進めるのでは結果が違ってきます。

怒りの感情は話し相手にも伝播します。

話し合いの時に、証拠を一気に突きつけて感情的に「不倫してるでしょ!」と怒鳴るような話し方をしてしまうと、相手も怒ってしまい話し合いが上手く進まなかったりします。

冷静に話を進めた方が良い結果に繋がることが多いです。

 

あとはなるべく証拠物を小出しにして追い詰める事が重要です。

今ある証拠物を一気に相手に提示するよりも、少しずつ出していく方が効果的です。

敢えて嘘をつかせて証拠を後出しし、そのあと嘘をつきにくいような空気にするなどのやり方もあります。

 

例えば、

あえて証拠を出さずに、「この日は何してたの?」と聞いてみると、話し相手は高い確率で嘘をつきます。

同性の友達と遊んでいた、一人で出掛けていたなど。

それを言わせた後、手持ちの証拠を1つずつ出して崩していくなどのやり方も有効な手段となります。

 

冷静に話ができる空気を作れれば、それまでになかった情報を聞き出す事もできるかも知れません。

不倫の場合、重要になってくる情報は

・いつから関係があるのか?

・浮気相手の名前、住所、勤務先

・相手は不倫だという事を知っているのか?

この辺りになります。

話し相手が正直に話始めたところで、これらの情報を聞き出す事も可能になるかも知れません。

 

弁護士に頼まずに浮気の慰謝料請求はできるのか?

不倫の証拠を使って相手に慰謝料請求する際、

弁護士を使うか使わないか?

を選ぶ事になります。

 

多くの依頼者様は弁護士に頼む事を前提にご相談を受けるのですが、

・配偶者を通じて相手と連絡を取る。

・浮気相手宅に内容証明を送る。

など自分で交渉するという選択肢もあります。

 

メリットとデメリット

メリット

弁護士を使わずに交渉を終えるメリットは、何と言っても「弁護士報酬が発生しない」という事に尽きます。

一般的な弁護士の場合、不倫の慰謝料請求を依頼すると着手金20万円前後、成功報酬は18%前後発生します。

当探偵事務所の弁護士は着手金5万円、成功報酬は18%です。

仮に300万円の慰謝料請求を依頼した場合、

着手金税込22万円、

成功報酬は300万円の18%なので、税込59万4000円。

合計すると81万4000円。

ざっくり慰謝料の約3分の1ほどは飛んでいく計算になります。

 

もしご自分で慰謝料交渉まで終えられた場合。

この分の費用を浮かせられるので、手元に残る金額には大幅に差が出ます。

 

デメリット

弁護士を使わないということは、「自分で請求相手とコミュニケーションを取らなければならない」という事です。

 

頭に血が上り、請求相手に揚げ足を取られて慰謝料を取り逃すという事態は避けなければなりません。

・浮気相手に対して暴力、暴言を浴びせる

・謝罪の強要

・法的根拠のない不当な要求

などは絶対に避けなければなりません。

 

謝罪するのは人として当然の事ではあるのですが、法的に謝罪する義務というのはありません。

冷静に淡々と慰謝料請求を行える自信がないのであれば、交渉は弁護士に任せるのが無難だと思います。

離婚せずに進める場合は考えるべき点が多くなるので、弁護士に頼んだ方が安全かもしれません。

離婚せずに関係修復を前提に交渉する場合、

・慰謝料額。

・今後の接触禁止。

・もし約束を破った場合の罰則。

・配偶者から浮気相手への弁償の阻止。

・不倫相手の家族への配慮

などなど考える事は多くなります。

 

自分でこのあたりを全て考えながら交渉を終えるというのは、経験がない方には中々難しいです。

離婚しない場合は慰謝料の額も少ないのですが、安全面を考慮すると弁護士を用意した方が良いかと思われます。

もちろん、それでも自分でという依頼者様にはアドバイスはさせて頂きます。

 

慰謝料請求を成功させるポイント

ポイントは3つです。

・請求相手の弱点を突く事。

・相場、状況次第では現実的な範囲での請求を行う。

・不当な要求をしない。

 

家族にバレたくない、職場にバレたくない、浮気相手には慰謝料請求されたくない。

配偶者の職場、浮気相手の家族、浮気相手の職場など、合法的に使える請求相手の弱点という物が存在します。

家族にバレないように進めてあげるから慰謝料を払って欲しい。

浮気相手に何もしない代わりに一括で数百万円支払うようにして欲しい。

など、請求相手に上手く餌を撒く事が慰謝料請求を早く終わらす為の近道です。

もし浮気相手も既婚者だった場合、

請求相手からすると、もしそちらの配偶者にまで浮気の事実がバレて離婚にでもなったら、

そちらにも請求されて損失は倍になります。

バレないように配慮して進めてあげる代わりに相場プラス50、100万円、

など上手く交渉を進めるというやり方もあります。

ただし言い方には注意が必要です。

言い方ひとつで恐喝にもなりかねませんので、冷静に話を進める必要があります。

 

不当な要求について

もし不当な要求をしたらどうなるか?

例えば

・目の前で土下座して欲しい。

・会社を辞めて引っ越して欲しい。

・慰謝料1000万円払え。

このような要求は裁判になったとしても認められないものです。

そのような要求をしてしまうと、交渉が難航します。

言い回しによって恐喝になってしまったり、相手が弁護士を用意したりするケースもあります。

そうなると連絡は弁護士を通す事になり、相手の弱点を突くのも難しくなります。

慰謝料も相場通り、手元に入ってくるまでの時間も長くなります。

相手の弁護士の腕次第では減額もあり得ます。

自分で慰謝料交渉は可能ですが、注意点も多いです。

 

弁護士を用意した方が良いのか、自分で交渉をするのも視野に入れた方が良いのか。

その辺りもアドバイス可能なので、是非ご相談頂ければ幸いです。

 

慰謝料請求を早く終わらせるには

浮気の証拠、浮気相手の素性が判明した後は慰謝料請求に進む事になりますが、慰謝料が手元に入ってくるまでの期間は依頼者様によりばらつきがあります。

当探偵事務所にご依頼頂いた方は、

本当に早い方だと2週間くらい、時間がかかる方は1年半以上も話し合いが続いています。

 

要因

色々とあるのですが、大きい要因は以下の3つです。

・請求相手の支払い能力

・請求相手の弱みがあるか

・要求の多さ

請求相手に支払い能力があり、職場、家族などの弱みがある場合、慰謝料請求は短期間で終わります。

長くても2ヶ月くらい、平均1ヶ月くらいです。

 

逆に支払い能力がない、もしくは弱みがない、

このどちらかが当てはまってしまうと慰謝料請求は少々難航します。

支払い能力がないだけなら分割支払いにするなどで何とか対策は可能なのですが、厄介なのは「何の弱みもない人物」です。

 

”理由”付けが必要

慰謝料請求される側は、支払う際には必ず何か”理由”があって支払ってきます。

職場にバレたくないから払う、家族にバレたくないから払う、謝罪の気持ちがあるから払うなど。

誰にバレても全く困らず、謝罪の気持ちもない人物というのは慰謝料請求する上で非常に厄介な相手です。

※何の弱みもない人物というのはなかなか稀ではあるのですが。

 

慰謝料を支払う側にも理由付けがいる、

逆に言えばその心理を利用すると慰謝料請求はスムーズに進みます。

・慰謝料を払えば職場にばれなくて済む。

・家族にバレずに済む。

このような心理に誘導できればすんなり慰謝料請求は完了します。

 

不当な要求をしない

その他、不当な要求をしてしまうのも慰謝料請求が長引く要因のひとつです。

請求する側のスタンスの問題ですが、

・相場からかけ離れた要求をする。

・浮気に関係のない要求をする。

 

あくまで浮気についての要求ができるのは金銭についてのみです。

その金銭にも相場があり、離婚するなら200から300万円、離婚しないなら50から100万円が相場です。

浮気に対する怒りは理解できますが、500万円とか1000万円要求しても相手が納得しません。

請求する側もある程度の折り合いをつけないと、話し合いが長引く原因になります。

 

金銭以外の要求を通す場合にも注意が必要です。

依頼者様の中には

・仕事を辞めて欲しい

・目の前で謝罪して欲しい

・謝罪の手紙が欲しい

・引っ越して欲しい

・誓約書にサインして欲しい

などなど、金銭以外の要求をしてしまう依頼者様は多いです。

もちろん理解の出来る要求ではあるのですが、慰謝料と違って裁判になったとしてもそのような判決にはならず、強制力がありません。

これらの要求を通したいのであれば、慰謝料の減額など相手側にもメリットを与える必要があります。

 

「浮気した側が悪いんだから全部私の思い通りにしたい!」というスタンスだと話し合いは終わらなくなってしまいます。

浮気した側に問題があるのは間違いない事ではあるのですが、話し合いを終える為には依頼者様もある程度折れて頂くことが必要ではないかと思います。

 

すんなり慰謝料請求を終える為には、

交渉材料を揃え、常識の範囲内での要求、

請求する側もあくまで話し合いだということを念頭に入れる必要があります。

 

浮気の自白の引き出し方

不貞の証拠として使えるのは浮気現場の写真だけではなく、「浮気の自白」も有効なものとなります。

 

注意点

ただ浮気現場の写真よりも少し使い方が難しく、2つ注意点があります。

1つは明確な証拠がない状態で配偶者の口から浮気の自白を引き出せたとしても、

浮気相手の方に対する証拠としては薄いという事。

もし浮気相手の方が浮気を否認した場合、慰謝料を請求するのは難しくなります。

もう1つはある程度の情報を掴んでおかないと自白を引き出すのが難しいという事です。

何も情報がない状態でただ問い詰めても逆切れされるか、しらを切られるかです。

 

自白を狙うのはどんな時か?

当探偵事務所としては、

・調査により浮気の証拠が撮れたが浮気相手の素性調査が難航した場合、

・もしくは浮気相手の素性は判明したが、何度調査しても浮気の証拠と言える程の動きがない場合。

この2つのどちらかに当てはまった場合、今ある材料を使って自白を引き出すという提案をさせて頂く場合があります。

依頼者様のご予算と調査費用の釣り合いが取れなくなる可能性がある為です。

もちろん大前提として、調査だけで証拠、浮気相手の素性調査まで終える事が通常ではあるのですが。

 

例えば現在別居状態で、

浮気相手と一緒に住んでしまっている場合、浮気の証拠自体は撮れるのですが、浮気相手の住所、氏名の判明が難航する場合があります。

その他の例だと、

浮気相手と接触はするがいつもホテルに行かずに分かれてしまう。

その場合は浮気の証拠自体は弱いですが、女性の素性調査はすぐに判明したりします。

 

調査自体は継続可能、でもこれからどのくらい費用がかかるか見通しが立てられない場合、配偶者との話し合いで自白を引き出すというのも選択肢の1つとしては有効なものとなります。

 

「最初」の話し合いの録音の重要性

自白を引き出す場合、基本的に配偶者との話し合いになります。

ここで一番重要なのは、「最初の話し合いで録音する事」です。

裁判でも使える証拠としては話し合いの音声など、「客観的に見て確実に本人の口から自白している」という事が明らかである必要があります。

 

なぜ「最初」の話し合いなのかというと理由としては、

本格的な話し合いをすると相手の方も浮気についてよく調べます。

どうすれば慰謝料を請求されずに済むのか、自分が優位に立つ事ができるのか、色々なツールを駆使して調べます。

そうなると2回目以降の話し合いからは一転して浮気を否認したり、黙り込んだりする事がよくあるからです。

 

自白させる方法、情報

次に自白のさせ方、それとどんな情報を聞き出せればいいのか。

主に

・浮気した事を客観的に見て認めている言動

・浮気相手の素性に繋がる情報

この2つです。

 

不貞の証拠が弱いが浮気相手の素性が判明している場合。

この場合は配偶者の口から「浮気を認める言動」が引き出せればいいという事になります。

今ある浮気現場の写真、それと浮気相手の情報を使って揺さぶりをかけ、自白を引き出します。

 

不貞の証拠はあるが、浮気相手についての素性が分からない場合。

この場合は「相手に繋がる情報」を狙う事になります。

浮気相手の氏名、住所などの情報を引き出せれば一番良いのですが、そこまで踏み込んだ情報は喋らない事が多いです。

話し合いの中で違和感なく引き出せる情報としては、浮気相手の携帯電話番号です。

電話でいいから相手と話をしたい、というのは自然な要求だと思います。

電話番号が分かれば弁護士が契約情報を調べる事ができます。

その他だと同じ会社の人なのかというのもある程度聞き出しやすい情報になります。

 

もちろん、調査で証拠、相手の素性まで調べられる事がほとんどです。

このような作戦を取ることは稀なのですが、調査費用と依頼者様のご予算次第ではこのようなやり方も有効な手段となります。

 

トップページへ

 

格安料金で浮気調査 フリーランス探偵事務所 24時間対応可能 03-6367-2616

格安料金で浮気調査 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所

プライバシーポリシー

運営者情報

運営者:フリーランス探偵事務所

代表:高橋 悠太

住所:東京都町田市旭町1-19-3 グリーンファーム丸屋210

連絡先 03-6367-2616

mail:freerancetantei@gmail.com

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
お電話でお問い合わせ