浮気調査

浮気調査

 

当社の料金表

 

張り込み、尾行料金の例

 

・配偶者の退勤後の行動調査(浮気調査) 17時~22時まで、徒歩追跡の場合

5時間 税込¥38,500

実費¥3,000

 

・配偶者の退勤後の行動調査(浮気調査) 17時~22時×5日間、車両追跡の場合

5時間 税込¥38,500×5日間=税込¥192,500

実費¥10,000×5日間=¥50,000

 

・配偶者の休日の行動調査(浮気調査) 9時~19時まで、徒歩追跡の場合

10時間 税込¥71,500

実費¥3,000

 

尚、状況により、上記料金表より割引も可能です。

電話、メールなどで概算見積もりのご案内が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

分割払いのご相談も可能です。

 

当社よりも低料金の探偵社があった場合、見積書などお見せ頂ければそれよりも安く調査します。

尚、浮気調査の場合、50万円程までであれば慰謝料に上乗せして請求出来る事が多いです。

慰謝料請求する相手の状況なども踏まえつつ、上記料金表をご覧頂き、ご検討頂けますと幸いです。

 

関連記事
尚、慰謝料よりも探偵費用が高くなってしまうのは依頼者様にとって旨味がありません。

費用対効果のバランスを考えつつ調査を進めましょう。

 

詳しくはこちらへ↓

探偵に浮気調査を依頼する意義について

 

他社との比較など、更に詳しい料金についてはこちらへ↓

料金システム

 

浮気調査の目的と手段

浮気調査の目的

浮気調査の一番の目的は、「不貞の証拠」を撮影する事です。

次に大事なのは浮気相手についての情報集めとなります。

その為の手段は「尾行」「写真撮影」がメインです。

大きく分けると、依頼者様が探偵に依頼する目的は3つに絞られます。

・浮気しているかどうか確かめたい。

・不貞の証拠が欲しい。

・浮気相手について調べたい。

全て、不貞の証拠を狙って尾行を行う事で達成する事ができます。

不貞の証拠として一番確実なのが、浮気現場の写真です。

探偵の浮気調査は、最も確実な証拠である浮気現場の写真撮影を狙って尾行を行う事となります。

それによって、上記の浮気しているかの確認、不貞の証拠が揃います。

慰謝料請求をお望みの方は浮気相手の素性調査へと進みます。

慰謝料請求の際に利用できる浮気相手の必須の情報は、氏名、住所、

更にあると便利なのが勤務先、家族構成把握です。

 

関連記事

不貞の証拠が無い状態で配偶者と話し合いをしても中々上手く行きません。

理由については下記の記事で触れています。↓

不貞の証拠はなぜ必要なのか?

 

不貞の証拠の具体例と慰謝料相場について↓

不倫の慰謝料相場はどのくらい?

不貞の証拠って何が必要?

 

優先順位

優先順位としては、

1、不貞の証拠

浮気の有無の確認、慰謝料請求、どちらにも必要。

2、浮気相手の氏名、住所

浮気相手への慰謝料請求の為には必須、それだけでなく、配偶者への交渉材料となり得ます。

3、浮気相手の勤務先、家族構成

配偶者、浮気相手に対しての交渉材料となります。

 

どこまで調査を行うべきか

依頼者様の最終目的、ご予算、慰謝料見込み額などに合わせて、どこまで調査を行うかご提案する形となります。

慰謝料請求が主な目的の場合、「調査費用と弁護士費用」が「慰謝料見込み額」を上回ってしまっては意味がありません。

現状、ほとんどの探偵会社は料金が非常に高額の為、依頼したとしても慰謝料額を上回ってしまっています。

探偵の調査費用はあまりに高額(目安としては50万円程)過ぎると上乗せは不可能になってしまいます。

一般的な探偵会社の場合、料金が高額すぎて探偵費用は慰謝料に上乗せして請求できない場合が多いですが、当探偵事務所くらいの低料金設定であれば慰謝料に上乗せして請求可能です。

依頼者様の利益を考えると調査費用はかかったとしても30〜60万円以下に抑える事が重要になります。

出来る限り費用を抑え、慰謝料を回収した際に依頼者様のプラスになるように尽力します。

尚、仮に調査の結果、不貞の事実がなかったとしても決して無駄にはならないと当探偵事務所は考えています。

帰りが遅い事が多い、怪しい行動が見受けられるなど、不倫の可能性を感じると精神的に追い詰められてしまいます。

実際に不貞行為が無いという事を確かめて頂ければご安心頂けると思います。

不倫しているかも知れないと考え続けてしまうよりずっと精神的に楽になるのではないかと思います。

 

 

 

基本的な流れ

1、不貞の証拠の撮影

2、浮気相手の身元調査

3、弁護士に慰謝料回収の依頼、もしくはご自身での交渉

慰謝料回収を成功させる為には不貞の証拠だけではなく、成功率を上げる為の情報も集めるべきです。

具体的には不倫相手の氏名、住所、勤務先や財産の把握です。

 

1、不貞の証拠の撮影

調査対象者を尾行し、浮気の証拠撮影を狙います。

徒歩追跡、もしくは車両追跡がメインとなります。

尚、車両追跡の場合はGPSの利用も有効です。

 

関連記事

GPSの使い方についてはこちら↓

浮気調査のGPSってどうやって使えば良いの?

 

尚、調査成功の為、探偵側だけではなく、依頼者様にもご注意頂きたい点があります。

詳しくはこちらへ↓

浮気調査中の注意点、調査の失敗パターン

調査対象者を警戒させない為には?

 

2、浮気相手の身元調査

浮気相手にも慰謝料請求する為には、浮気相手の氏名、住所が必須となります。

それに加え、勤務先も把握できていれば交渉成功率が上がります。

 

3、弁護士に慰謝料回収の依頼、もしくはご自身での交渉

弁護士に慰謝料回収を依頼するか、弁護士に依頼せず、ご自身で交渉を行うかとなります。

 

 

 


浮気調査の難易度、状況によっては割引可能です。

​慰謝料を請求する為、裁判でも通用する証拠、報告書を作成しています。

浮気調査に関して料金を安く抑えるには、いかに少ない調査時間で強力な証拠を撮るかにかかっています。

綿密に計画を練り、効率的に調査を行えればと思います。

裁判で認められる報告書を作成しています。

面談の際、報告書のサンプルなどご覧に入れます。​

​慰謝料請求まで、アフターサポート(弁護士の紹介、交渉のアドバイス等)は無料です。

 

浮気調査中のご連絡について

浮気調査で判明した事実がいつ報告されるのか、依頼者様としては気になるところだと思います。

当社の調査中のご報告としては、

・調査開始時間

・現地の写メ

・動きがあった場合は余裕のある時にビデオカメラのモニターを撮影してその場でお送り

・もし追加料金が発生する場合はお知らせしてご了承を頂いた場合のみ

・現地の調査員とリアルタイムで連絡を取れるシステム

このように考えうる限りの情報を依頼者様にその場でお送りするようにしています。

 

関連記事

当探偵事務所以外の探偵業者は、調査中にここまでの情報量で依頼者様とコミュニケーションを取れる所は珍しいようです。

詳しくはこちらへ↓

浮気調査中の探偵からの報告の実態

 

 

浮気調査はいつ行うべきか?

配偶者が浮気をしているとして、浮気調査をするとしたらどんなタイミングで実行すべきなのか?

一口にタイミングといっても、

”時期”という長期的な意味でのタイミングと、

”日程、時間”的な短期的な意味でのタイミング。

この二つでは意味合いが異なります。

このページではそれぞれ両方の側面から記載したいと思います。

 

長期(時期)的な意味でのタイミングについて

配偶者が浮気をしている。

不貞の証拠を撮影するとしたら、どの段階から行動を起こすべきなのか?

 

・浮気しているかも知れないという段階なのか。

・浮気している事が分かったら。

・それとも家族関係が悪化してきたら実行すべきなのか。

・離婚調停など離婚に向けた話し合いが本格化したら?

・別居が始まってから?

 

などなど、大まかに分けてしまうと上記の5つの段階があると思います。

この中のどのタイミングから不貞の証拠集め、浮気調査を実行に移すべきなのでしょうか?

当探偵事務所の見解としては、「浮気しているかもという段階」「浮気している事が分かった時点」もしくは「家族関係に影響を及ぼすようになったら」浮気調査を進めた方が良いと考えています。

簡単に言ってしまえば早ければ早いに越した事はないと思います。

 

理由は、不貞の証拠はどの段階でも「持っていて損をする事はないから」です。

 

不貞の証拠があれば何を得られるのか?↓

・配偶者と話し合いをする為の材料

・離婚の拒否権

・離婚せずとも浮気相手に慰謝料請求するという選択肢

・万が一離婚になった場合は慰謝料を請求するという選択肢

・ある意味で精神的な余裕

・浮気の事実がないという結果が出た場合でも、調査費用はかかってしまいますが安心に繋がるかと思われます。

 

浮気を疑って探偵の記事をお読みになっている時点で、不貞行為がある可能性はあると思います。

多くの方は配偶者が不倫をしている場合、辞めて欲しいとお考えになるはずです。

が、証拠も何もない状態で話し合いに臨んだとしても、素直に自白して謝罪、辞める方は稀です。(100人に1人いれば良い方だと思います)

「不倫を辞めて欲しい」という一番最初の段階から”不貞の証拠”がなければ話にならないのです。

 

※もちろん、まだ離婚するかどうかすら決まっていない段階で”探偵を雇った”と言ってしまうと逆上を招くので、そこはオブラートに包んだ言い方が必要になります。

 

配偶者が不倫をしている場合の選択肢は2つです。

・放置

・話し合う

放置していれば勝手に不倫が終わる事もあるかもしれませんが、そうならなかった時の事を考えるとリスクが大きいのではないかと思います。

話し合いをするにしろ、不貞の証拠は必要です。

どちらの選択肢を取るとしても、証拠はあった方が良いのではないかと思います。

 

本当に必要になってから浮気調査を頼めば良いんじゃないか?とお考えになる方もいらっしゃると思います。

確かに、放っておけば不倫を辞めるかもしれません。

辞めなくても、離婚の話が本格化してから、別居になってからでも不貞の証拠は撮れるのではないかとお考えになる方もいらっしゃると思います。

ですが、当社の考えとしてはもっと早い段階で浮気調査を進めた方が良いのではないかと思います。

理由は3つあって、

・「夫婦関係が既に破綻していた」など変な言い訳をしてきて話し合いが長引く事もある為。(問題はないのですが、慰謝料回収まで時間がかかります)

・夫婦仲が悪くなる、もしくは別居が始まると対象者の行動が読みにくくなり、調査費用が高額になる可能性が高い為

・不倫相手と同棲を始めたりすると、不倫相手の素性調査が難航する為

です。

 

なので、これを避ける為にはなるべく早い段階で不貞の証拠を掴んでおいた方が良いと思います。

そうすれば調査費用も抑えられ、不倫相手の素性調査もスムーズに進み、言い訳も防ぐ事が出来ます。

 

浮気調査はなるべく早い段階で進めた方が上手くいくケースが多いです。

 

短期(日程、時間)的な意味でのタイミングについて

では、いざ浮気調査をはじめるに当たって、どんなタイミングで調査を行うべきなのか?

これについては、「配偶者が不倫相手と接触している可能性があるタイミング」を絞り込む作業が必要になります。

同居中であれば、絞込みはある程度し易いかと思われます。

帰りが遅くなる日、帰ってこない日、休日が怪しいなど、状況に応じてタイミングを合わせて調査を行えれば成功率も高いです。

確実に仕事をしている曜日、家にいる時間帯を省き、それ以外の時間で調査を行う事になります。

 

ただし、情報の集めすぎには注意が必要です。

調査対象者の携帯を無理にチェックしたり、鞄の中身を確認したり、財布を開けたりなど、

強引な情報集めをしてしまうと対象者が警戒してかえって行動が読みにくくなってしまいます。

 

別居が始まってしまうと、情報は集めにくくなってしまいます。

配偶者の行動がほとんど把握できなくなってしまう為です。

車移動だったり、別居先に不倫相手を連れ込んでいるような場合ならまだ何とかなりますが、そうでない場合は調査時間も長くなる傾向にあります。

仕事、睡眠時間以外はほとんど張り付くような調査手法になってしまいます。

浮気調査の時期が遅くなってしまうと、このように費用も増加する傾向にあります。

 

 

 

トップページへ

 

格安料金で浮気調査 フリーランス探偵事務所 24時間対応可能 03-6367-2616

格安料金で浮気調査 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所

プライバシーポリシー

運営者情報

運営者:フリーランス探偵事務所

代表:高橋 悠太

住所:東京都町田市旭町1-19-3 グリーンファーム丸屋210

連絡先 03-6367-2616

mail:freerancetantei@gmail.com

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
お電話でお問い合わせ