浮気調査は自分でできる?

配偶者が不倫している時、自分で浮気調査が出来れば探偵に調査を依頼するよりも大幅に費用を抑える事ができます。

自力で調査するメリットとしては、費用はプロの探偵に依頼するよりも大幅に少なくて済む点のみです。

ただ、1つ念頭に置いて頂きたいのは、探偵に依頼した分の調査費用は慰謝料に上乗せして請求する事も認められるという事です。
※あまりに高額すぎると認められない場合がありますが、私は低料金で調査を行っていますので今の所全て調査費用の弁償を認められています。

基本的に当事務所の場合、調査費用は多くかかったとしても30万円ほど、平均15万円ほどで慰謝料請求の為の調査は完了します。

30万円ほどであれば裁判になったとしても探偵費用は認められますので、安く結果を出せる所であれば探偵に依頼する方がメリットが大きいのではと思います。

多くの探偵社のように五十〜数百万円の調査費用がかかるという事なら自力での調査も視野に入れなければなりませんが、当事務所は回収出来る範囲で証拠など収集できる見込みが強いです。

自力で浮気調査するデメリットとしては、やはりプロに依頼するよりも失敗のリスクがあるという点です。

裁判でも通用する証拠写真を撮影する為には尾行する必要がある事がほとんどです。

慰謝料請求の為には調査で最低限、不貞の証拠、更に不倫相手の素性調査、勤務先などまで判明させる必要があります。

配偶者が浮気をしていると思われるタイミングを絞込み、バレないように近づき、写真に収めなければなりません。

証拠が取れるまでは違和感を抱かせない事が重要です。

配偶者と面識のない知り合いに調査の手伝いをお願いするなど、かなりの労力が必要になります。

顔が割れている人物の尾行はプロでも困難です。
尾行がバレてしまった場合、今後は警戒心が高まってしまい探偵社に依頼したとしても証拠の収集が困難になる可能性があります。
それに加え、どんな写真を撮影すれば不貞の証拠として認められるのか、どんな時に撮影すればリスクなく写真撮影が行えるのか、経験のない方には中々難しいと思われます。

ただ後ろをついて行くだけなら素人の方にもある程度出来るのですが、撮影、張り込みなどは難しいです。

不貞行為による慰謝料は離婚する場合は数100万円単位の話になります。

ご自分での調査は今後、プロに依頼すれば本来見込めるはずだった数100万円の慰謝料を取れなくなるリスクがあるという事も念頭に置かなければなりません。
調査のプロに任せた方が確実だと当事務所は考えます。

尚、それらを踏まえた上で自力で浮気調査をしたい方は、下記ページもご覧頂ければと思います。

自力での浮気調査のアドバイス

 

トップページへ

 

浮気調査は自分でできる? 03-6367-2616

浮気調査は自分でできる? 業界最安値保証 フリーランス探偵事務所