探偵の浮気調査事例 神奈川県大和市

神奈川県大和市での浮気調査のご依頼でした。

対象者は依頼者様の夫、5年前にも不倫の経験があり、今回は証拠を撮影して離婚をお望みとのことでした。

過去の不倫の際に探偵を雇って証拠を撮影し、交渉したという経緯があり、今回の追跡は慎重に行う必要がありました。

依頼者様としてはまだ不倫している確信はないようでしたが、毎日帰りが遅いということで行動調査に踏み切ったとの事です。

依頼者様が過去に依頼したことのある某探偵社は、1日あたり20万円程の費用がかかってしまっていたとの事で、当社の低料金設定には驚かれました。

依頼者様の目的

浮気調査 探偵 大和市

依頼者様は離婚時にお子さんの親権を勝ち取ること、それと不倫の慰謝料請求を行いたいとの事でした。

親権に関しては証拠を撮らなくても勝ち取ることは難しくないという事を伝えた上で、慰謝料請求のために調査を行うという決断をして頂きました。

目的としては主に3つ

1、不倫の有無の確認

2、不倫しているのであれば証拠の撮影

3、不倫相手の素性調査

これらは全て対象者(依頼者様の夫)の行動調査により結果が出ると考え、調査を決行しました。

調査方法

調査方法 探偵浮気調査 大和市

まずは対象者を退勤後から追跡調査を行うことにしました。

ただし、対象者は以前にも探偵に尾行された経験が有り、慎重に追跡を行う必要がありました。

退勤時に対象者を確認し追跡しましたが、神奈川県大和市内の駅まで電車移動、その後改札を通過して市街を徒歩移動するところまで確認できました。

しかし、ここで問題が発生しました。

同駅に着いた途端に対象者は後ろを確認するなどの警戒行動を取ったため、同日は追跡を断念しました。

改めて依頼者様と協議した結果、その駅は職場の女性の最寄り駅であり、もしかしたらその女性と不倫関係にあるのではないかとのお話でした。

本来であればまだ不倫相手と確定していない女性を追跡するのは、違かったら意味のない追跡となってしまう為にあまり決行することはないのですが、

・対象者の警戒心が高いこと

・過去の不倫でも職場内不倫であった点、

・その女性は直属の部下という間柄で自宅でも頻繁に連絡を取っていた

というお話から、十分に可能性があると判断し、その女性を職場から追跡してみる事にしました。

女性は会社のホームページに名前と顔が掲載されていた為、追跡は可能であると判断しました。

調査結果

浮気調査 探偵 大和市

女性が職場から出てきた所を追跡し、直帰した為、まずは自宅を判明させる事に成功しました。

その後、対象者の退勤時間まで女性宅を見張っていたところ、外出を確認。

対象者と接触し、商店街の端の方のベンチでキスしているところを撮影しました。

対象者と接触するかどうかは賭けでもありましたが、不貞関係にあることは確認できました。

1時間ほどベンチで過ごした後、解散、キスは撮影できましたが裁判まで見越した場合、不貞の証拠としてはまだ不十分と言わざるを得ませんでした。

女性の家族構成などを把握するために女性宅の監視を行ったところ、女性は既婚者で子供もいるという事が判明。

W不倫でした。

その後、2週間ほど女性メインでの追跡を続けたところ、対象者達はレンタカーを用意し、駐車場に車を停めて車内で行為に及んでいました。

車内での行為を外から撮影を試みましたが、暗さもあり毎回撮影出来る訳ではありませんでしたが、ズボンを脱いでいる様子、抱き合っている様子などを撮影しました。

本来であればホテルや自宅への出入りを撮影したい所ではありましたが、長期間調査しても利用する様子がない事から、慰謝料請求の交渉をスタートしました。

慰謝料請求

慰謝料請求 探偵浮気調査 大和市

依頼者様に弁護士をご紹介し、対象者、相手女性に同時に内容証明郵便を送りました。

職場内不倫、W不倫という状況から、ある程度慰謝料交渉はやりやすい状況で、相手女性は慰謝料150万円、月々10万円の支払いで合意書を取り交わしました。

依頼者様としては、女性が月10万円払い続けるのは難しい、おそらく対象者が肩代わりしているのではないかというお話でした。

離婚になるので、出処はあまり問題にならないと判断し、交渉を継続しました。

対象者は弁護士を用意し、証拠の提示などを求めて減額交渉してきましたが、車内での行為の映像を提出したところ、不倫行為を認めました。

対象者は探偵費用の弁償も兼ねて慰謝料200万円の一括支払いで合意となりました。

社員素行調査

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL