当社の浮気調査中のご連絡について

浮気調査で判明した事実がいつ報告されるのか、依頼者様としては気になるところだと思います。

当社の調査中のご報告としては、

・調査開始時間

・現地の写メ

・動きがあった場合は余裕のある時にビデオカメラのモニターを撮影してその場でお送り

・もし追加料金が発生する場合はお知らせしてご了承を頂いた場合のみ

・現地の調査員とリアルタイムで連絡を取れるシステム

このように考えうる限りの情報を依頼者様にその場でお送りするようにしています。

当探偵事務所以外の探偵業者は、調査中にここまでの情報量で依頼者様とコミュニケーションを取れる所は珍しいようです。

 

一般的な探偵業者の連絡システム

ほとんどの探偵業者は調査員と依頼者様が直接連絡が取れるシステムになっていない為、情報の伝達に時間がかかります。

それだけではなく、調査中の情報の正確性にも欠ける場合もあります。

理由としては、多くの探偵業者は

依頼者様➡︎相談員➡︎管理職➡︎調査員

調査員➡︎管理職➡︎相談員➡︎依頼者様

というように何人かの人員を伝達する事になる為です。

 

情報を伝達する人数が増えれば増えるほど、まるで伝言ゲームのように「時間」と「正確性」が損なわれます。

調査員が現地の状況を管理職、相談員に報告し、曖昧な点を勝手に解釈して依頼者様に伝え、事実と少々異なるご報告が依頼者様に届いてしまうということは多々あります。

逆も然りで、依頼者様から調査のヒントになる情報をご提供頂いたとしても、中間の人員が勝手に情報を取捨選択し、調査のミスに繋がるような伝達ミスも発生します。

 

それと、調査で取得した証拠物や、不倫相手の素性などの報告が報告書の提出時、2週間後~1ヵ月後となる事も多いようです。

その間、依頼者様は弁護士に本格的な相談も出来ないので、足止めを食らう事となります。

 

当社の場合

当探偵事務所の場合、調査員と依頼者様はリアルタイムで直接ご連絡が取れるシステムにしております。

中間の人員を通さない分、ご報告の時間にも齟齬が少なく、誤解も生じにくいです。

もし依頼者様が気になる点があれば、その場で調査員に指示を出して頂く事も可能です。

 

他のメリットとしては、初めてその対象者を追跡するという状況の時、

依頼者様にタイムラグ少なく対象者を確認して頂けるというのも大きいです。

顔写真から調査対象者を特定し追跡する事になるのですが、現場の調査員だけの判断ではなく、依頼者様にもご確認頂く事により、調査の確実性が増します。

似ている対象者が出てきた時、すぐに依頼者様に写真をお送りして確認して頂く、

というのはこのシステムでないと成り立たないと思います。

 

途中で人員を介して連絡を取っている間にも対象者は動き回っています。

依頼者様と現地の調査員が早く連絡が取れる事に越した事はないのではないでしょうか。

 

報告書の提出に関しても、契約上調査完了から30日以内とさせて頂いておりますが、お早目の作業が必要な依頼者様には可能な限り相談に乗らせて頂いております。

写真などは数日かかりますが、不倫相手の情報など、すぐにお伝えできる情報はその場でご提出可能です。

 

リンク
当社の浮気調査の方針や料金についてはこちらへ↓

浮気調査

料金システム

 

筆者 代表・高橋 悠太

フリーランス探偵事務所・代表。 探偵暦9年。 各種調査、裁判資料作成業務など。 調査の事例などの記事を更新します。