不倫の慰謝料相場はどのくらい?

 

裁判になった場合は以下が慰謝料相場になります。

別居・離婚しなかった場合

慰謝料30万円~50万円+弁護士費用+探偵費用

別居に至った場合

慰謝料100万円~200万円+弁護士費用+探偵費用

離婚した場合

慰謝料200万円~300万円+弁護士費用+探偵費用

可能であれば裁判をせず、示談交渉で進める事が理想です。

理由は示談の方が時間的、費用的なメリットが大きく、そしてなにより慰謝料額の増額が見込める為です。

裁判にまで発展してしまうと示談に比べて倍以上の時間と費用がかかります。

浮気調査では証拠を撮影するだけではなく、いかに示談交渉で済ませられるような情報を集めるか、という側面もあります。

示談の場合、裁判よりもプラス50万円程の慰謝料増額が見込めます。

理由は、請求相手も弁護士を用意して裁判で争うよりも、50万円程の増額なら呑んだ方がメリットが大きい為です。

示談の場合、早い方だと1ヶ月以内で慰謝料の回収に成功します。

調査の依頼から1ヶ月程で数100万円の慰謝料の回収が可能です。

裁判の場合は3ヶ月以上かかる場合がほとんどです。

弁護士費用などもかかってしまう為、示談で済ませる事が重要です。

離婚されない場合、慰謝料の回収の後は浮気相手と今後の接触を禁止する約束をする事も重要です。

今後の正当な理由のない接触1回につき○○万円の罰金を設定します。

誓約書などを取り交わし、保管しておく事になります。

その後の経過観察などのアドバイスも積極的に行っております。

 

 

リンク
当社の浮気調査の方針や料金についてはこちらへ↓

浮気調査

料金システム

 

筆者 代表・高橋 悠太

フリーランス探偵事務所・代表。 探偵暦9年。 各種調査、裁判資料作成業務など。 調査の事例などの記事を更新します。