不倫相手からの反論を防ぐには?

配偶者の浮気相手に慰謝料を請求する際、反論してくる場合があります。
浮気調査は浮気相手の反論を防ぐための情報を集める為の調査でもあります。
以下によくある浮気相手からの反論、言い訳をまとめました。


・肉体関係はない
・夫婦関係が既に破綻していたと聞いていた
・既婚者だと聞かされていなかった
などなど


1、肉体関係はない
こちらは慰謝料請求の際、浮気相手側がよく言ってくる言い訳です。
浮気調査によってラブホテル、自宅などの出入りが良く撮れていればこの言い訳は通りません。
仮に本当に肉体関係がなかったとしても、外での親密な様子やホテルの出入りの証拠があれば裁判では不貞行為と認められます。
探偵の調査でも実際に行為に及んでいるシーンを証拠として撮影出来る事はまずありません。
裁判では肉体関係が推測できる前後の状況(ラブホテルの出入りなど)が証拠としてあれば充分とされています。


2、夫婦関係が既に破綻していたと聞いていた
そもそも、夫婦関係の破綻が認められる状況とはどういう状況なのか?
夫婦関係の破綻とは、夫婦の婚姻生活の継続の意思を失い、夫婦関係の回復の見込みがないと客観的に判断できる状況となります。
夫婦関係の回復の見込みがないと客観的に認められる状況としては主に別居となります。
現在、同居しているか別居しているかが重要なポイントになります。
同居中であれば夫婦関係が破綻していたとは認められません。
別居の場合、不倫が原因で別居に至った場合は慰謝料の請求が可能です。
不倫する前から別居している場合は慰謝料請求が難しいかもしれません。


3、既婚者だと聞かされていなかった
これは大抵の場合、認められません。

不倫による慰謝料請求が認められないケースは下記のようなケースです。
・出会い系で知り合い、お互いの素性をほとんど知らないまま関係が続いた。
・お見合いパーティで知り合い、素性を偽られて交際した。

など、かなり特殊なケースに限られます。

 

トップページへ

 

事務所概要 フリーランス探偵事務所